スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年8月16日(火) 送り盆

午前中、お墓に行き、ご先祖様にお別れをしてきた。うちの墓は、3月の大震災で壊れたそうだ。石の囲いや墓石のあちこちが欠け、修復された痛々しい姿になっていた。墓石は1メートルぐらい飛んだらしい。
亡くなった人に願いをかけるのは妙な気もするが、「どうぞみんなをお守りください」とお祈りした。家族だけでなく、この世のすべての生きとし生けるものたちを。
この8月のお盆あたりの空気(特に夜)は、一種独特な感じがする。フランスにいると、これを感じないのだ。ずっしりと、濡れているように、黒く、重い夜の空気を。

毎日、実家にいるとすることが限られてくる。かなりの時間をテレビと読書に費やし、たまに出ていくのが買い物とか、そのぐらい。テレビは、ほとんどの番組を下らないと思う。これは子供向けの番組か?と思うほど内容がお粗末だし、一部のタレントたちの番組の私物化が鼻につく。
それと民放の宣伝の多さ!普段フランスで観ている日本語衛星放送にほとんどコマーシャルの時間がないため、ドラマや映画の途中に入ってくる宣伝には怒りさえ覚える。
と、文句を言いながらも、ついついテレビは観てしまうのだが。しかし、テレビがまず真っ先にその国の文化程度を反映するとしたら、今の日本ってちょっと不安だな~と思う。

夕方はまた大雨。時折起こる小さな地震にも驚かなくなってきた。慣れって怖いな~。
日本滞在は、残すところあと10日!


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



2011年8月15日(月) 温泉ランドに行く

子供たちを連れ、真岡(もおか)市にある井頭温泉に行ってきた。健康ランドのような施設には、3種のサウナとジャグジーのある温泉プール(これは水着着用で男女混合)と、普通の温泉(こっちは裸で男女別☆いくつかの温泉と露天風呂、サウナがある)とフィットネスの部屋がある。
私は無類の温泉好きで、特にサウナが好き☆普段からあまり汗をかかないので、95℃のフィンランドサウナでも最初の5分ぐらいは汗の一粒も出ず、お肌サラサラである。暇つぶしのテレビなんかついていたら、15分ぐらいは楽勝。ミスト系のサウナだったら、そのままお昼寝できるぐらいだ。単に汗腺が詰まっている人なのかもしれないが…。(炎天下でも汗をほとんどかかないし…)
あと、すべての風呂の中で水風呂が一番好きだ。今日も、プール部門、お風呂部門トータルして水風呂に15回は入ったと思う。最後の〆(しめ)もやはり水風呂だった。
今日のお風呂はのんびり出来てなかなかよかった。子供たちが待っているというプレッシャーと待ち合わせの時間がなければな~。(帰国までに今度はひとりで行こう!と決意)

温泉を出た後で、ものすごい雷と大雨に見舞われ、田舎道を走るのが怖かった。2車線道路に入ったら、今度は隣のトラックから何度も水をかぶせられ、視界は悪いしサイアク。道路の水はどんどん増えてくるので、これで車でも止まったらどうなっちゃうんだろう~とキョーフの一時だった。
今も雨…。外からは時々涼しい風が吹いてくる。明日は送り盆でまたもやお墓に行く予定。


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



2011年8月14日(日) ブログ4日分の空白

ブログを4日間書かなかった。最初の3日間は、東京~横浜に行っていたため。
昨日は、両親と姉弟の家族全員とうちの子供たちと私の総勢11名で、お墓参り、昼食(両親の家)と夕食(レストランで)を過ごした。多分、全員が顔を合わせるのはこの後は難しいかも。

ブログを書かない生活というのも慣れてしまうものだな~。普段は、自分を律して一日の最後に日々の記録として綴っている。後ほど読み返すと生き生きとその時の情景が思い出されてくるので、ブログの記録は有難い備忘録でもあるのだ。ま、今はバカンス中、旅行中ということでぼちぼち行きましょう。

さて、東京では、最初に靖国神社に行った。ぜひいつか子供たちを連れて見ておかねば…と思っていたのだ。忙しいのにCさんに案内していただき助かった。
神社を参拝した後、遊就館を見学した。ここは戦争博物館でもあり、英霊たちを祀っているところでもある。歴史、戦争がらみの色んな展示があったが、中でもやはり昔のりりしき若者たちの遺書の数々に胸を打たれた。(ここの見学は日本語(字)が読めないとちょっときつい。外国語訳もあんまりないし…)
「靖国で会おう」と言って散っていった数多くの名もない兵士たちと、ここには祀られていないが彼らを送りだした母(家族)たちに深く心を寄せずにはいられない。
「天皇のため、お国のために死ねるのが名誉」と潔く言い切っていた私たちの祖先よ。その生活信条、考え方、生き方のなんと現代の私たちからかけ離れていることだろう。展示してあるものがみな、まるで知らぬ遠い国の出来事のように感じられた。
その日は、神社を出た後も、一日中、影を引きずって歩いているような気分でちょっと滅入った。しかし日本人なら一度は見ておくべき場所だろう、と私は思う。

横浜では陽子さんの家に泊めてもらった。子供たちは1年のブランクをものともせずにすぐにうちとけて遊んでいた。私たちもお互いに1年分の日々を語りあった。会う時間はいつも短くて一瞬に感じられる。
陽子さんは相変わらずお料理上手で、いくつかの便利アイテムや料理テクニックを教わる。帰りの心配をしないで美味しいワインが飲めたのもよかった☆
会いたい人は他にもいたのだが、今回の滞在はあまりにも短すぎ、タイミングも合わずに失礼しました。この埋め合わせは必ず!!


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



2011年8月9日(火) 日本の便利さについて思うこと

母が持っていた高校の全卒業生と在校生の名簿(6年前に発刊)をボケーっと見ていた。うちは母と姉と私が同じ女子高校出身だ。
でもビックリしたのは、同じクラスの人の顔が半分も思いだせなかったこと。旧姓の名前を見てもピンとこないし、まるで初めて見た名のような気さえする。これって健忘症かしら…なんて、冷や汗が出てしまった。
多分、今もずっと同じ街で生きていたら、きっと誰かしらとつながりがあるんだろうな~と思う。
しかし、私はやっぱりデラシネ(根なし草)のように生きているんだろう。そう思うとちょっとカナシイ気もするが。
同じクラスにひとり、ものすごく個性的で自己主張の強い娘がいた。ひと癖もふた癖もあって、言いたいことはズバズバ言って、英語が得意な優等生。その子の現住所が「パリ」になっていたので思わずのけぞった。(知らなかった)やっぱり、外国でしっかり生き抜いていくのはああいうタイプなんだろうな~と他人事のように思った。しかしパリも狭いようでなかなか会いませんね~☆

話は全然変わるけど、今夜10時頃、遊びに来ていた姪を姉の家まで送っていった。帰りに、次男が行きたいというのでコンビニに寄った。店の中には、数人の男子学生がいた。
次男は「日本はすごい!いつでも店が開いてるもの☆」と言って感動していた。
でも、片田舎のコンビニが24時間開いていなきゃいけない理由が私にはどうしても分からない。夜中に何か買いたくても、次の朝まで待っちゃダメなのか?コンビニが開いてると思うから、人はただ暇つぶしに来るのではないか…。別にそのコンビニがなくなっても、もしくは夜中に閉まっていても、大勢に影響はないのではないか…。なによりコンビニ、コンビニって、さっきから連呼しているけど、ホントいうと名前からして気に食わない。便利さに隠れて見えない諸悪の根源があるような気がしてならないのだもの。
それ以外、例えば近くのショッピングセンターも夜の10時や11時まで開いている。そこに勤めている人たちはみな、冷房や過労で体を壊している。彼(女)らの家庭や暮らしは、「店の便利さ」のために犠牲になっている。私たちは、見えない部分を補う想像力を失ってはいけないと思う。

私が小さい頃は、お正月3が日はデパートは休みと決まっていた。でも、ある新参のデパートが1月2日から開業するようになった。その後、競争は過激化し、今では右に倣えで、ほとんどのデパートが2日から開いているのではないだろうか。年始の3日間、家族と過ごせていたデパートの勤め人達はみな、今では元旦だけしか休みがなくなった。
日本のサービス業の質の高さにはいつも驚くけど、競争が激しすぎるのでは…?休みも義務っていうルールでも作らないとダメかしらね。

何年か前にフランスから日本に帰国した友人が、帰国直後にこう言っていた。「日本は便利すぎて気持ちが悪い!」と。この便利さがひょっとして人々をダメにしないだろうか。「これが基準で当たり前!」と思ってしまうとキツイだろうな~と、日々随所で感じる。

*明日から3日間は「俺ら、東京さ行ぐだ」だス。PCは持って行かないので、後ほどご報告するだス。JRの駅などで仕組みが分からずキョロキョロ挙動不審の母と男の子ふたりがいたら、それはきっとウチらだス☆


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



2011年8月8日(月) 義兄と姪が到着

義兄と姪がバルセロナから到着し、父、弟、甥を含む総勢8名で一緒にお昼を食べに行った。(姉は仕事)
義兄と姪はオランダ経由で来たのだが、離れた席にされてしまい、しかも3人がけの真ん中の席だったらしい。見るからにヘトヘトに疲れていた。
姪は、機内食も食べず、水すらも頼まず、トイレにも立たなかったそう。しょえ~っ。隣のおじさんに気に入られ、会話していたのもしんどかったと言っていた。(片言英語で)

夜は実家でみんなで食事。私が食事担当。アドちゃんやTくんで鍛えられたせいか、大人数の食事作りが苦にならなくなっているワ。「大貧民」を始めるも、数回でお開き。皆が疲れていて集中せず勝負にならなかったのだ。
今日は私もなぜかとっても眠いのでこの辺で…。



ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。