スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年1月6日(日) のんびり日曜日

からりと晴れた日曜日。寒さは峠を越したかな、と感じられるこの頃。所用以外は家にいて、のんびり過ごした。
昨日、姉と子供2人が、一時帰省していた日本からバルセロナに帰る途中、飛行機がパリ経由だったので、いくつか買い物を頼んでいた。(成田―バルセロナは直行便がないのだ)乗り継ぎ時間2時間の間に、国際線からEU線に乗り換える間の通路で一時外に出てくるので、品物を主人に引き取りに行ってもらった。私は子供達と日本人会に行っていた時刻だった。頼んでいたのは長男の誕生日プレゼントとか、次男の靴下(日本製にかなわない)とか雑貨、食料品。姉は携帯電話もなかったので「出口分かるかな~」とか「会えるかな~?」と心配していたが、うちの主人はものすごく目がよくて、人ごみの中で人を見つけるのが大得意☆私が日本人会から電話した時には、みんなそろって空港のカフェにいた。家に帰ってから見たバッグの宝の山の中に「豆もち」を発見して嬉しかった。その「豆もち」はずーっと昔から田舎の知り合いの家で手作りしているもの。懐かしい味だし、何よりお正月なんだな~と実感できる一品なのだ。あと「週刊文春」ほか週刊誌も数冊入っていてわーーーい☆(これで当分、楽しい時が過ごせるであろう)
今朝は「豆もち」が朝食。やっぱり美味しさは変わっていなくて、2袋あったうちあっという間に1袋なくなった。午後、DVDで「ロード オブ ザ リング」の第1話を観る。ぱたぽんはひざの上に寝転んで嬉しそうだった。しかしこの映画は長~~いな~。もう何度か観たが、あまりの長さにいつも2、3度だれる。話もカンペキに把握できないし。ファンタジー系のお話っていまいち真剣にのめりこめずに疲れてしまう。私が現実的過ぎるのかも。でもとぼけていて話をまぜっかえすピピンとメリーの2人組からは目が放せなかった。(彼らの顔つきも好き♪)また時間がある時に続きも観よう☆(DVDは持っているのに、なかなかこれだけのボリュームの時間を捻出できないのだ)
夜はまた中国のルポルタージュを観る。今度は加熱する教育のお話。子供はみな一人っ子だし、徹底的な学歴社会。また経済成長はしていても大学生の7割しか就職できないし、リストラも多いそう。なので親が必死になってわが子を勉強に駆り立てている様子をやっていた。舞台は5年生のあるクラスなのだが、子供たちに対する親の締め付けが厳しくて、その口調やお説教の内容が辛らつすぎて聞いていて辛かった。一番印象に残ったのは「子供の成功や失敗は親にかかっている。成功したらいいけど、失敗したら家族の厄介者になるだけ」とある母親の言った言葉。成功、失敗って何?勉強ができない子は厄介者なの?子供は山ほどの宿題を夜までかかってやっている。お母さんは「宿題やったの?」とか口を開けば勉強のことばかり。食事している時まで「今日、算数で何やったの?」とか…。中には出来ないと叩かれる子までいる。親の必死さが異常に見えた。でもほとんどすべての親の考えが似たりよったりだ。勉強ができれば、いい大学に入れ、いい就職が出来る。ただそれだけのために、馬車馬のように勉強させられる。「もう疲れたよ」とある男の子がボソッと言った。「子供のために」とか「よくしたいから」というのは分かるが、他に道はないのだろうか?このままだと勉強は出来てもエゴイストで人のことなど思いやれない冷血漢ばかりが増えて、寒々とした社会になりはしないだろうか。私はニートや引きこもりが認知されている日本の社会の方が、まだこれよりは好きかも。子供を叱咤する中国の母の姿を見て、ちょっと反省し(私は絶対にこうはなるまい!)と心に誓った。

 
「海外情報ヨーロッパ部門」1本に絞ってみました!ベストテン入りしましたが、もう一息~☆応援どうぞよろしく~~!下のマークをクリックして下さいネ。
ランキング

 

コメントの投稿

非公開コメント

中国

中国の現実を描いた別のドキュメンタリー番組を見ましたが、凄まじいですね。日本では戦後60年くらいかけて起こった変化が、今の中国では10年くらいに短縮して起ころうとしているような感じでした。従って当然取り残されていく人たちが山ほど出てくるんでしょうね。

中国は、今一番話題を提供してくれる国ですね。今後、田舎と都会の差、貧富の差がますます広がったら、一つの国といっても全く別物のようになっていくのではないかと思います。なんせ大きすぎますからね~。
拝金主義、上昇志向の影に、人間としての心の豊かさが壊されていっているように感じました。かつて先人達が沢山、「教え」を与えてくれた国なのに…。
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。