スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年4月11日(金) 次の日

翌日の車

夜は興奮して眠れず、朝になった。
火事を小さなバケツで消しているという、ベタすぎる悪夢を見た。

車を見に行ったら、見事に焼け焦げになっていた。右半分はひどい状態。タイヤもパンクし、車体の色も変わってしまっていた。中もボロボロ。なのに、左半分と後ろはまだわりときれいに残っていた。携帯で写真を撮る。

朝一番で警察に行き、その後保険会社。どちらも超事務的な手続きをした。車は早速、今日中に運ばれてストック場のような場所に行くのだという。そこで保険のエキスパートが来るのを待ち、彼の査定によって保険額が決まる。しかし買った時の領収書だとか、事故を起こした時の修理代の領収書だとかが必要で、色々な事情により、査定額が変わるらしい。計算だけで2週間ほどかかるかもしれないという。

車がなくなった後には、大きな黒焦げと山のようなガラスの破片が落ちていた。車を見送った私の頭はもう、次の車どうしよう~ということに切り替わった。悲しみに浸ってばかりもいられないもの!前を向いていくのみ!!




ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。