スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月7日(土) くにちゃんの悲劇

クリスマスを前に、街がバカほど混んでいる。笑ってしまうぐらいだ。今日は、ほんの5キロの道にバスで2時間20分もかかった。歩く方が速いぞ~!

そんな死にそ~なパリの街より、「添乗員くにちゃんの悲劇」をひとつ。
くにちゃんは、27名のお客さまとともにバルセロナから今日夕方、パリ入りした。バルセロナからはもちろん直行便で、天下のエールフランス様使用。しかし、ド ゴール空港に着いた時、飛行機に預けたはずの荷物が出てこなかったそう。なんとその数、27個中25個!
荷物はその次の19時頃の便でパリに送るからと言われたが、荷物のホテルへの配達は、明朝になるという。しかし明日の早朝、グループはモン サンミッシェルに1泊の予定で発つのであった。ああ。
しかも、明後日の夜はパリに戻るのだけれど、グループのホテルは2つに分かれるんだそう。絶対ここでまた誤配というミスをするはずだ!もはやそれは期待に近い。なんたってここはフランスだもの☆
ロストバゲージは頻繁に起こる。それが1つ2つだとお客様はナーバスになり、添乗員も結構気を遣うが、その数25個ではもはや笑い話。みんなで仲良く裸で眠る誓いをしたそう。パンツと靴下は履いていたのを手洗いして、バスタオルに包んで足で踏んで乾かすというテク(?)を伝授したと言っていた。悲劇だけど笑える。くにちゃんは名添乗員だ。

くにちゃんのスーツケースの中には、うちへの貢ぎ物が入っていたのだそう。美味しい農家のお米だとか、とんかつソース(夏休み帰省時、日本で山ほど買いだめしてきたことを彼女は知らない。でも言えない!)、マヨネーズなど。重たかったであろう。
「ごめんな~、今日渡せなくって~」と電話でしきりに謝っていたけど、自分の持ち物より、こちらへの土産物を心配するのがくにちゃんらしい。今夜、お土産を取りにホテルに行くはずだったけど、物がないので取りやめになった。明日の朝、早いしね。でも私はそんなことより、ちゃんと荷物は今夜の便で届いたのだろうか?明日ホテルに着くのだろうか?っていうのが心から不安だ。明日空港に行くので、確認しておこう!


追記)前回のブログのこと、まー気に病んでもしょうがないので、私は私のペースでやりますワ。多少折れそうになりましたが、早くも復活です!立ち直り、早っ!!



ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。