スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月30日(土) オルレアン~再会

オルレアン グロロ邸

昨日は日帰りでオルレアンに出かけた。今度、12日にグループの仕事が入っているのでその下見。なんにせよ、自分がよく知らないところを案内するのが嫌なのだ。ドキドキしてしまうから。
オルレアンは初めてではないけど、当日は9時半にホテルに行かなきゃいけないので、駅からの行き方や距離も実際に見ておきたかった。午後の観光は、行ったことのない博物館。これは自由見学だとしても、やっぱり行っといたほうが無難。まあ、ガイドという立場ではないので、歴史の説明とかそんなのは詳しくする必要はないけど。

オルレアンは百年戦争でジャンヌダルクによって瀕死の状態から奇跡的に救われた町。そんなんで、どこに行ってもジャンヌ様一色!しかし、ジャンヌダルクの肖像は、実際には描かれていないから想像なんだけどね。16歳で聖人たちのヴィジョンを見て、イングランドに占領されていたフランスの土地を奪還すべく戦い、フランス王シャルル7世の戴冠を成就させ、最後はイギリス軍に引き渡され異端審問にかけられて19歳で火刑。なんか、いたたまれない人生だ。
恩義があるジャンヌのことを売ったシャルル7世は最低だし、彼女を守りきれなかった当時のフランスっていう国の在り方にも疑問を感じる。そして最期の火あぶりという末路には怖気を覚える。生きたままだよ!「残酷」という以外言葉が見つからない。かわいそうすぎる。今になって銅像立てても遅いよ!

ジャンヌのことを思いつめたせいか、今朝がた、ものすごい悪夢を見た。「ひあぶり」「ひあぶり」って頭の中でエコーがかかっていた。階段から落ち、上から悪霊がおそいかかってくるような夢。教会のステンドグラスを見たのがいけなかったのかしら。。。

今日は、空港送迎2回。早朝便の送迎の際、添乗員のこと、どこかで見たことあるな~と思ったら、なんと25年ぶりに会った昔のOL(旅行会社)時代の同期入社のM子だった。添乗員になっていたのだ。「早くやめたかったのに、今まで続いている。もう20年」とくにちゃんのようなことを言っていた。昔からマイペースで、天然の人だったけど、ふくよかになってニコニコ笑っていて、いい感じに年をとっていた。私が思う、よい添乗員のタイプになっていた。お互い、遠くまで来たな~。不思議な出会い、人生はだから面白い!!




ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。