スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年7月13日(土) ここ2日のこと

シルフィード☆

昨夜はオペラ座でバレエ鑑賞。Mちゃんと行く予定だったが、彼女は急に体調を崩し、音楽好きの主人がピンチヒッターに(!)バレエの解説は聞けなくなったが、久々に夫婦で外出できてよかった。夏には、しばらくぱたぽんと留守番させてしまうので、その罪ほろぼしも兼ねて。
座席は3階の正面のバルコニーの2列目と、決してよい席ではなかったが、前の席の老夫婦が気を遣って広く間を空けてくれたので、視界は良かった!しかし、人は小さくしか見えなかった。もっと足とか体の動きが間近で見られたらよかったな~。
バレエを始めて1年。週1回だから偉そうなこと言えないけど、でも確実に前とバレエの見方が変わった。前はただ(すごいな~、きれいだな~)と観ていただけだけど、今はもっと感嘆の仕方が大きいように思う。だって、その難しさが多少は理解できるようになったからだ。なんつったって、自分の体があんな風に動けないのを実証しているんだもの。
「シルフィード」っていう出し物自体は、音楽の盛り上がりを感じず、話も単調で、私的には1回観たらいいかな、という演目だった。衣装や大道具、演出ももっと凝っていたらいいのに、予習していった数年前の映像と全く一緒だったので、どうしてなんだろう?と思った。「シンデレラ」なんかは、現代風にアレンジして面白かったんだけどな。
しかしなにはともあれ、オペラ座のもったいぶった雰囲気、シャガールの天井画に彩られた馬蹄形の観客席、観に来る人たちの醸し出す優雅さ、オーケストラの音の響き、カーテンコールの高揚…それらすべての中に身を浸すことはなんて気持ちのよいことか…といつも思う。至上の贅沢というのは、こういう気持ちにさせてくれることだろうな~☆

そして、今夜はワイン試飲会のオフ会…。時々一緒に集まって飲むメンバーだけど、本当にいい人たちに恵まれたので嬉しい。9人で集まり、ワインや食べ物を持ち寄って、楽しいひと時を過ごした。私は餃子係。ビジネスマンの男子たちが必死で作った(と思われる)お料理が妙に美味しく、レシピを聞いてしまうほどだった。(笑)
次々に帰国してしまうので淋しいけど、またどこかで会えるでしょう。ワインが取り持つ縁…というのは特に深いように勝手に思う。素晴らしい出会いに感謝!


ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。