スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年2月12日(火) 保証書を届けに…

昨日の続き。トースターを買った店に保証書を届けに行った。うちからはメトロで1回乗り換えでほぼ30分で行ける。とはいえ、わざわざこの用事だけで行くにはもったいない微妙な場所だ。でも、他に用事もないし。(買い物はもういいや)
店に着くと昨日いた店員のマダムはいなくて、全然見たこともない若造と、若いお姉ちゃん2人、レジ係でふんぞり返っているおばさんという4人のみ。トースターを買った時にいた店員もいないし、一体この店、小さいのに何人店員がいるの?って感じ。
ここで待たされた時間が長かったので、客との会話などを聞きながらボーっと待っていた。結構身なりの良い客層がついているのは場所柄か。しかしみんなどうでもいい物を買っている。ポテトチップを電子レンジで作る皿とか、グレープフルーツを絞るものとか、タッパーウエアー2個とか。他に買うとこないのかな~。キッチングッズって見ているだけでも楽しいけれど、中には別にわざわざ使わなくてもいいような物もいっぱいある。しかも日本だったら100円ショップにありそうなものが、死にそうな値段で売っている。
やっとこ若造の店員があいて、「なんでしょう?」と聞いてきたので、一から説明。若造は、当然ながら私のトースター事件を全然知らなくて、「ああ、わかりました」というと、保証書をさっと取っておしまい。ああ、とてつもなく不安だ。思わず「私のトースターまだありますよね?この保証書、一緒の所に置いてくださいねっ」と念を押したくなったが、ぐっとこらえて何も言わず帰ってきた。トースターちゃん、今度いつ会えるのかしら…。

そして夕方は、ネットで買った家の電話が届けられたのを取りに、近くの配達中継所に行った。うちの固定電話、全然充電しなくなってしまったので買ったのだ。無事に届いた電話はちゃんと充電でき、無事に動いたのでホッとした。(トースターもネットにすればよかったかと後悔…)
あって当たり前なものが突然壊れると、本当にその有難さに気付く。便利な物って却って厄介だというお話。新しい電話もすぐ壊れませんように!!



ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。