スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年2月8日(金) 昨日、今日のこと

昨日は、長男の高校で進学のための集会(学年全体の)があり、今後どうやって高校生活を送るか、卒業試験(BAC)の種類や内容などについての説明を聞いた。こちらの教育体系って複雑で、わけわからないのだが、ともかく早めに将来進む道を決めておく方が迷わなくていいのだな~というのは肌で感じる。フランス人の親御さんたちも、いろんな質問を投げかけているぐらいだから、みな子供のことに真剣になるのは一緒だね。しかし、劇場のように広い教室で質問をするのに、「うちの娘は将来獣医になりたいんだけど、どうしたらいいか?」みたいなめっちゃ私的なことを言うお父さんとかがいて、ふーん☆って感じ。
でも確かに、「このBACを取ると、こういう職業につけます」的な進め方をしていたので、それ以外の道はないのかな?みたいな気持ちにさせられた。
フランスから見たら、日本の大学とか専門学校の学部や科目の選択など、どんなに緩いことだろう。というか、別に将来の職業と学部が、かみ合ってなくてもあんまり気にならないし、仕事を選ぶ際にも、もっと自由に選べているような気がする。それに、学歴イコール出世というのもあまり関係ないような…。学校のお勉強ができるから仕事が出来るわけでもないもの。
集会は、18時に始まり19時半過ぎても続いていたので、途中で出てきてしまった。去年聞いたことばかりだよ!と言えればいいのだけど、残念ながら私は去年、この集会に出ていなかったのだわ。初めて知ったこともたくさんあった。
(長男は何が一番したいんだろう?どういう大人になるつもりなんだろう…?)と思いながら、家路についた。

そして今日は、次男が風邪で病院へ。昨夜より熱っぽかったのだが、今日は熱が上がっていて、咳もひどかった。そこで病院に連れて行ったのだ。しまいこんでいた健康手帳を探すと、前回病院に行ったのは、3年前の何かのワクチンを打ちに行った時と判明。風邪で病院に行ったという経験は、11歳の今までほんの3回ぐらいだった。なんて強いんだ、君は。
診察を終え、いよいよ風邪薬の処方の際、問題が発生!うちの次男は、今まで薬を飲んだことがなく、錠剤や粉薬が飲めないのだった。多分、小さな頃は、シロップみたいのを飲んでいたのではなかったか。
仕方なく、粉を水に溶いて飲むという薬を処方してもらった。あと、抗生物質も、粉を水に溶いてスプーンで2杯飲むというタイプ。
うちに帰って、うがいの仕方も伝授した。そんなことさえ知らないのでびっくり。早く治るといいんだけど。。。


ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。