スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月30日(金) 中国マッサージ店に行く

もう11月も終わり。早っ!!!
今日は、今までのたまりにたまった疲れを取ろう!と思い立ち、めっちゃ怪しい「中国マッサージ」へ行ってきた。「1時間40ユーロ。(全身)」というチラシを握りしめて向かったのは、15区のジャベル通り91番地(01 45 79 63 67)の「XUE ZHONG HUA」(ああ、なんて読むのだろう~)。
普通のアパートの建物の中に入ると、1階のドアが開いていて、そこは異空間になっていた。怪しすぎる色とりどりのネオン、フシギな装飾の入り口と待合所には、沢山の有名人(知らないけど)とそのマッサージ屋の持ち主の中国人女性が映った写真が飾ってあった。なんかすごそう!というのが第一印象。お客はひっきりなしに入ってくる。受付の中国人の女の子はおしゃべり好きで手が遅い!
そのうち、部屋に案内された。マッサージ室は小さく区切ってあり、エステなんかによくあるベッドが置いてある。こんな部屋が6つ、それ以外に足だけのマッサージの安楽椅子が3つある。
部屋に入ると、「下着(おパンツ)以外は全部取って下さい」と言われ、しょえ~~っとなる。
言われた通りにおパンツ一丁の姿で小鳥のようにふるえて待っていると(姿はうつ伏せ)、ばーんという印象の丸顔のおば様が入ってきた。一応、体にバスタオルをかけてくれ、施術が始まった。
ベッドには、ちょうど顔のところに穴が開いていて息は苦しくない。しかし穴の中は真っ暗で何も見えない。おば様は、まずは後頭部より、背中、腕、腰、というように上からマッサージしていった。それが…ホントのマッサージなの。スリスリスリスリという感じ。指圧とか、整体と全然違う。指1本の力を入れるのではなく、腕全体、手のひら全体でもんでいく。オイルを付けるのでツルツルするし、おば様の手、めっちゃ温か~。
で、これまでだったら心地よいのだけど、決定的な欠点あり!それが、このおば様、おしゃべりなの~っ!!
しかも、私に話しかけるのではなく、カーテンの隣のおば様、その隣のおば様の3人の仕事仲間で、マッサージしながらひと時もおしゃべりをやめないのだ。これが音楽のようならいいんだけど、だんだん声は大きくなるし、きゃははと笑ったりして、非常にかしましい。(一体なんなのだ、これは~!)とちょっとカルチャーショックだった。 
そんなおしゃべりが1時間びっちり続いたけど、おば様の手は全身をくまなくマッサージ。その辺がプロか。こういうマッサージは久しぶりだったので、なかなか気持ちのよい時間だった。
途中で、「中国人じゃないの?」「中国語しゃべれる?」と言われたので、「トイレどこですか?」と中国語で言ったら、おば様はギャハハと笑っていた。まあ、話したのはそれぐらい。あんまりフランス語は出来なさそうだった。(必要最低限の単語のみ知っているという感じ)しかし始終「マドモワゼル」と言われたのでちょっと気分よし。

施術が終わった後、私より前に帰ろうとしたフランス人が、受付の女の子に「よかったですか?」と聞かれ、「全然よ、うるさすぎた!」と言い放っていたのが印象的だった。確かにあのおしゃべりはネックだけど、それも子守唄と聞き流し、ひたすらあのハンドに身をゆだねられたら、結構いいかも☆と思う。                                           

ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。