スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月19日(月) 無呼吸症のその後

半年ぶりに、無呼吸症のための検診に医者に行った。かなり前に血液検査をするように言われていたのでその結果も持参。寝る時に器械をつけるようになってから、時々、SOSオキシジェンのジェロームはうちに来るけど、医者はもう関係ないというか、それっきりになっていると思っていた。しかしそうではなくて、彼女(医者)のもとに私の睡眠の記録が全て送られていたのだった。しょえ~っ!
器械にはSDカードが入っていて、ジェロームはそれを自分のパソコンに入力し、医者にも逐一報告していたのだ。
医者によると、器械によって大分、睡眠の問題は解消されているとのこと。無呼吸もなくなった。ただ、空気漏れがあるというので、試験的に器械の空気の強さを調節するという。こういう報告が今度ジェロームに行き、彼がうちに来た時に器械を触るのだ。やっと仕組みが理解できたよ~って感じ。
血液検査の結果は、「鉄分が足りない」とのことで、3か月の鉄分投与と3か月後の血液検査を命じられた。血液検査をこんなにすると病人(か妊婦)になったような気がするな。でも、常に自分の体を意識するというのも大事なことかもしれない…と思う。バレエやストレッチなどの軽い運動を毎日続けること、炭水化物を控えた食事、出来るだけ歩く、ファストフードやインスタントものは食べないなど、日々の出来る範囲の努力もね!


ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。