スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年10月15日(月) ゴッホを観に行く~コート デュ ローヌ試飲会

おまじない☆

失くし物が出るというおまじないをさっそく実行。はさみは逆さにして机の前に吊ってあるし、お釜(炊飯器)にも紐を巻いてみた。(BY 大阪の酒屋さかたにさんのアドバイス)
紐~って探したけどなかったので、次男の柔道の帯だけど!(笑)子供たちには「何かのいたずら?」と言われた。しかし1日たっても出てきませんな~。。。ってことで、もうそろそろ警察に行かなきゃダメかもな~と思い始めている。帯だったからかな~?

今日は、コート デュ ローヌの試飲会がルーブル近くのレストランであったので、ぜひとも出かけるつもりだった。そこで、気になっていたマドレーヌ寺院裏のピナコテークで行われているヴァン ゴッホ「日本の夢」展にもついでに寄ることにした。(右岸に行く用事はまとめる!)
このヴァン ゴッホの展覧会は、広重「旅の風景」展と双子のような展覧会になっていて、その2つの共通チケットが17ユーロ、片方だけだと10ユーロという値段設定になっている。私は、ゴッホの展覧会の分だけ購入した。なかなか観られないオランダからの絵画がまとめて来ているって聞いていたので。
ゴッホは、同じ時代の印象派の画家たちの何人かがやはり日本の浮世絵に影響を受けたように、広重の浮世絵にインスピレーションを受け、それを自分の画風に取り入れている。彼が日本の風景(というか太陽の当たる日本のような風景)に憧れて南仏に移り住んだということは知っていたが、まさかここまでのめり込んでいたとは、ちょっとした驚きだった。一枚一枚の絵の脇にその元(お手本)になったとされる広重の版画(写真)が並べてあるので、どの部分をどのように真似て描いていたのかが比較できるという興味深い展示をしていた。2つの展覧会を分けずに、全部本物同士で並べたらよかったのに!と思うほどだった。また、弟テオに宛てて書いた手紙の文章の中にも、日本の浮世絵やその風景、画法に対する熱情があふれ出ているのが分かる。日本人としてはくすぐったいほどだが、ゴッホにとっての日本は本当に「夢の国」だったようだ。
ゴッホの短くも劇的な人生は、沢山の人々の興味をかきたてるのだろう。説明の長い文章がところどころにあったが、どこでも真剣に立ち止まって文章を読んでいる人たちがいた。生きているうちは1枚も絵が売れず、失意の日々を過ごしていたゴッホは、決して平穏な一生を送ったとは言えないだろうが、それに引きかえ現在のこの人気はどうだろう。なんだか皮肉な気がする。芸術の評価というか、認められ方というものは移り変わるし、ましてや人々の好みなんてうつろうものだ。ゴッホは、時代より先に生き過ぎた。時代が彼を認めた時には命を絶った後だったのだから。なんて切ない…。
太陽の明るさを描き、ヒマワリを描いていたゴッホが、一変して、墓場によく植えられ、不気味にそびえたっている糸杉を描くようになった。彼の興味(というか引きつけられるもの)がどんどん「生」から「死」へと移り変わっていったのでは…という説を読んだことがある。しかし今日分かったのは、死の間際まで、ゴッホの頭の中には彼の夢見る日本の風景が確かにあったのだろうな…ということだ。それがいちばん胸に響いた。(展覧会は来年の3月17日まで)

ゴッホに感動し、同時に行われていた写真展(東北大震災の風景と人々)にも心を揺さぶられた後、ワインの試飲会に行った。こちらもなかなかよかったが、やはり勝負は前半の勝ち。ワインは幸せな時に好きな人と飲むものなり。



ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

No title

パチパチ! 素晴らしい☆ 出てきて欲しいなあ! 何かに挟まったりしてませんかねえ。 出てきますよう、祈っております!! でも、ほんっとに忘れますね~(^^ゞ

さかたに様

おまじないを信じ、はや2日たちますが、出てきません。(笑)
明日の朝、いよいよ警察に行こうと思います。最後に、今夜必死のぱっちで探します。たはは。。。。
カテゴリー
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。