スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年9月1日(土) 日本のお土産は

夕方ピアノの先生が来て、レッスン後、一緒に夕食~おしゃべり。車の違反切符を切られた話や、日本での旅行、家族のことなど、久々に会ったので話は尽きなかった。
食後、子供たちは、日本で買ってきたお土産を渡しに友達に会いに行ってしまった。約束は夜の10時に小学校の前とのこと。相手は女の子なので、いくらなんでも…と思ったが、向こうがそうしてほしいのだという。
「遅くならないでね」と言い、外出を許した。ぱたぽんも一緒。(お散歩ついで)
友達は、モニカ、エレナの姉妹だ。ふたりも両親と一緒にポルトガルに行ったので、向こうで買ったお土産があるみたいとのこと。
うちの子たちは、日本でリラックマの文房具セットやぬいぐるみのキーホルダーとイチゴポッキーを買っていた。
ワインを飲みながらおしゃべりしているうちに、時計を見たら11時半になっていたのでビックリ。長男の携帯を鳴らしてみたけど、すぐ留守電に変わってしまう。
「地下室に閉じ込められているんじゃないか?」と冗談交じりに主人が言ったが、私は心配で胸がきゅーんとなった。ピアノの先生も「一緒に行きましょうか?」と言ってくれて、大人3人で小学校に向かった。
行きがてら何度も携帯に電話するも、長男は一向に出ない。色々悪いことを想像しながら、小学校への道を急いだ。
途中、向こうの方から小さな影が近付いてきた。ぱたぽんらしき犬の姿も見えた。ああ~よかった。
子供たちは上機嫌で歩いてきた。
「ごめんなさい」と次男はすぐに謝ったけど、長男は、「あ~楽しかった!」とのんきに言っていた。
長男の手には、ポルトガルのお土産のマグカップがあった。「ものすごくお土産喜んでくれたよ~☆」とのこと。
リラックマを選んだのは私だったので、「ほら、ママのセンスが良かったからだよ!!」と自慢したら「腐っても女だからね」だと!腐ってない!!

モニカ達の両親は、自分たちだけレストランに行ってしまい、子供たちには冷凍ピザを残していったのだそう。ベビーシッター役のおばあさんは、早々に寝てしまったらしい。どうりで、こんなに遅くなっても何も言わないはず。女の子たちがちょっと不憫だった。



ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。