スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年8月28日(火) 目の前で盗難!!!

衝撃的なものを見た。用事があってメトロの4号線に乗っていた。座席が日本式に横向きになっている出口向かいの席に私は座っていた。私の左隣にはフランス人の男性が座って、ずっとアイフォーンでメッセージを打っていた。
シャトレあたりの駅で停まり、出発のべルが鳴り始めた時。私の前を黒い影がかすめ、隣の男性の手から電話をパッと奪い取り、走って出口を出た。電話を盗られた男性は、瞬時に相手を追い、電車を降りた。ふたりが降りた途端、ドアが閉まった。本当に一瞬!の出来事だった。
ドアの外で、電話を奪い返している男性と、何事もなかったかのように、歩いて去って行く犯人(アラブ人)の横顔が見えた。危機一髪だったけど、電話は盗られなかった~☆車内の人々は目が点だったが、未遂に終わったので皆ホッとした表情を浮かべていた。妙な連帯感が辺りを包んでいた。(笑)

しっかし、嫌な国だね~~~。メトロは汚いし、通路も陰気だし、スーパーや店にはトイレはないし、人々が世知辛い。
日本から帰ってきて1週間ですっかりフランスがイヤだ。日本がよすぎた。ショッピングセンターも空港も駅もきれいだし、トイレはウォシュレットだし、店員は優しいし、テキパキしている。
昨日の買い物の最中も、何度もキレそうになった。枕を買いに入った店では、レジに3人しか人が並んでいないのに、20分も待たされた。最初の人がめっちゃ手こずっているのだ。周りにたくさん店員がいるのに、誰も開いている隣のレジに入って働こうとしない。彼らの仕事ではないからだ。枕2つを手に持った状態で死にそうになりながら待ち、やっと私の番になった時、50ユーロ札を握りしめていたら、「全然お釣りがないから現金払いはダメ!」と来た。思わず、「じゃあ、いりません」と言ったら、長男が「じゃあ、ボク枕戻してくる」と言って、売り場まで戻しに行った。その上、あとで「ママ、あんな言い方は恥ずかしい。ぶっきらぼうすぎる」とお説教までされてしまった。泣きっ面に蜂とはこのこと。
今日も、スポーツ用品店で同じようなこと。レジ回りには沢山の従業員がダベっているのに、レジは1つしか開いていない。しかもモタモタした動き。長蛇の列。お客は何も言わずおとなしく並んでいる。
こういうのを見るたび、フランス人って案外忍耐強い人たちなのでは…と思ってしまう。日本から戻ってきてすぐだと、高速サービスに慣らされているため、超いらちな人になっているのだワ。

なんて遠い目で比較していても何にも始まらない。いい加減フランス流に早めに慣れないと、神経持たんワ。

しかし、旅行者の皆様、くれぐれもメトロでのアイフォーンはご注意あれ。今、旬な犯罪のようですので。


ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

No title

実は私も帰国したその日にパスポートの入ったお気に入りのかばんを盗られました。泣きそうです...

Mike様

お帰りなさい!
わー、帰国した日に早速とは、災難でしたね。
こういう話を聞くと本当に嫌になってしまいます。
洗礼を受けたと思って、今度から気を付けてくださいネ☆
あまり気を落とさないようにね!!

カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。