スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年6月27日(水) アドちゃんのお手伝い

午後1時、アドちゃんが来て、さっき(21時)帰っていった。その間、キッチンでずっと顔を突き合わせていたけど、こっちはおやつのケーキを焼いたり、夕食を作ったりと半分は家事。アドちゃんの用事は、今度7月の初めに行われるベルギーの大学での講演の原稿書きで、私はその添削とゴーストライター!
講演はいつもフランス語だが、今回は日本語で話さなければならないというので、尚更ナーバスになっていた。話す内容は「在日朝鮮人の帰国事業」のこと。文章を考えながら、だんだん「ああ、時間の無駄だ。もうやめる~!」とか言いだしたアドちゃん。「なんで?ちゃんと話してるよ。そのままやれば大丈夫だよ」と言っても、「ダメ、とてもうまく話せない!」と徐々に弱腰になってきた。
何の不都合もなく普通に日本語で話し、高度な文章を考え出すのだから、まったく苦も無くやっていると思っていたけど、本人にとっては(日本語って難し~い!)らしい。でも講義の内容は、(そんなこと、日本人だって知らないよ)というようなことばかり。学者って大っ変!!
今度講演を聞きに来る人や講演をする人たちは、韓国人、北朝鮮人も多く、自分の発する一言一句の重みに耐えかねている様子だった。

私はフランス語でそこまでの苦行はしてないな~と思う。分からない単語はいまだにひっきりなしだけど、なんと言っても緊張感が違うもの。通訳で分からない時は時々冷や汗ものだけど、うまくごまかしちゃうし!


ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。