スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年5月16日(水) 小説フランス革命~雑感あれこれ

佐藤賢一・著「小説フランス革命」を読んでいる。今2巻目。これが、ぐいぐい引き込まれるような面白さ。
歴史小説は通常、事実として記されている出来事と、実在の人物の名前、それとそれらにまつわる膨大な資料から生み出される。中には、歴史上の人物本人が書いた文章(または本)が残されていたり、言ったとされる言葉が残されていたりすることもあるが、そういう資料や文献がほとんどない人もあろう。
そういう数多の人たちが、それぞれの違った生い立ちや経験や生活の中で育まれてきた性質(キャラクター)を、いかにして作者は引っ張り出すのだろう。人は誰でもまず頭で考え、その意思を行動に移す…としたら、彼(女)はなぜその考えを持ち、どんな言葉を用いて話し、どう動いたのか。またそれが歴史上の出来事の中で、どのような礎を築いたのか。
こんなことをくどくどと書いたのは、佐藤氏の描くネッケルが、ロベスピエールが、ミラボーが、デムーランが、あまりにも自然に自らの言葉で話し、己の頭で考え、紙面の上を飛び回っているからだ。

実は恥ずかしながら、フランス革命の細かい知識がないので、私は1巻を読み始めた時、昔懐かしの「ベルサイユのばら」を本棚から探してきて一気に読み返してしまった。1時間ぐらいで読破した後、私は滂沱の涙を流していた。顔はぐちゃぐちゃ!
数年ぶりに読んだかもしれないけど、昔読んだ時と全く印象が違っていた。一体何度読み返したかもしれないけれど、「ベルばら」はやはり傑作だと思う。読者の年齢とともに変化する感受性にどのタイミングでも応えられる稀有な作品だろう。
今の私には、「人生の切なさと美しさ」それと「人はその立場ではなく、おのれの良心に従って生きられるのだ」ということを強く訴えてきた。オスカルの最期の意味は素晴らしい。王家を守るための軍隊が、国民とともに、国を再建させるべく闘うのだから。(もちろん架空の人物なのだが)

話はまた脱線するが、「善き人のためのソナタ」という映画がある。1984年の東ドイツが舞台で、シタージに人々の生活は監視され、疑わしい者は国家反逆罪で捕えられる。
そんな中、24時間監視や盗聴されながらも、捕まらなかった劇作家がいた。彼は、当然シタージに睨まれてもおかしくないような文章を西側の新聞に載せていた。
ベルリンの壁が壊れた後、彼は初めて、彼がずっと監視されていたことを知る。すべてばれていながら、危うくも助かっていたのは、監視していた大佐が、それを隠していたからだった。
この話もまた、あまりにも重くて、最後の一言まで胸はふさがったままだ。それが、最後の1カットでそのつかえが下り、ホッとするとともにじわーーーっと胸が熱くなる。「感動」ってこういうことを言うのだ。
どうしてこれを引用したかというと、人の良心というのは多分、自分の命と引き換えにしなくてはならないような土壇場で初めて発露されるのではないかと思うからだ。

そして「フランス革命」は、今でこそ誰もが「革命」と思っているが、当時の人々には何が何だか分からなかっただろうと思う。たた、あるのは混沌、混乱、暴動、不安…。
今でいう「革命戦士」とて、信じられるのは、自分の信念だけだったに違いないと思う。
歴史はひっくり返され、王家や貴族をギロチンに送った後、今度は革命を起こした英雄たちもまた処刑された。一体「フランス革命」ってなんだったんだ??
「勝ったのは結局、農民たちだ」という「七人の侍」の志村喬ではないけれど、どんな国でもどんな時代でも、民衆が一番強いというのが正しい国の在り方なのかな~。
先日の、大統領が選出された夜、社会党の陣営が集まっていたのは「バスチーユ広場」だった。広場を埋め尽くす群衆の熱狂を見ながら、「共和国フランスはここで始まったんだよな」と思った。フランス人ってやっぱり個々が強い!に違いない。なんたって、自分たちの力で国の土台を変えてしまったんだから。

さ、続きを読まなきゃ!



ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。