スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年4月15日(日) 無呼吸症の検査をしてきたよ!

数年前から、私ってひょっとして「睡眠時無呼吸症」じゃないかな~と疑っていた。まずは、寝ている時のいびき、夜中に3回も4回も目が覚め、トイレに行く、悪夢を見る、朝起きると頭痛と動悸、昼間眠い。ネットで調べてみたら、これらの症状はドンピシャ「無呼吸症」だ。
しかし、検査したり病院に行くこともないまま、ずっと過ごしてきた。
でもここ数カ月、その症状がさらに悪化してきたようなので(自分的に)、ついに重い腰を上げた。
でも、実際の検査にいたるまでが、フランスの場合長~い。これも病院に行くのをズルズル先延ばしにしてしまった理由。
まずは、一般医の診察を受け、症状を訴え、専門医へのお手紙を書いてもらう→それを持って、専門医の予約を取り診察を受ける→専門医が提携している(?)病院または診療所に行き、1泊の検査を受ける→その結果が専門医に届くのでまた専門医のところに行き、話し合う→治療
とこんな具合。
一般医は、近くのメディカルセンターに行き、「専門医は誰がいいかしら?」と聞いたら、隣の市の病院を紹介された。そこでそこに行って予約を取ろうとしたら、なんと一番近い予約が2か月後だった!そこで、友達に専門医を紹介してもらった。彼女のご主人もつい最近、「無呼吸症」と診断されたのを聞いていたからだ。
16区にある専門医に行って、アンケートのような質問をされ(「運転中、眠くなりますか?」みたいな感じの)それに答えること30分。あるクリニックへの紹介状を書いてくれ、診察料は100ユーロ!普通の病院は、そんなに取らないから、みんなどれだけ待っても病院に行くんだろうな~と実感。
クリニックへの1泊の入院は診察の3週間後に設定された。

そしていよいよ入院!の日。ボストンバッグにパジャマや洗面道具を入れて、病院に向かった。18時の予約。
まず受付をすませると、看護士さんが病室に案内してくれた。結構広めの個室で、トイレが付いている。家具は、ベッド、ベッドサイドテーブル、テーブル、椅子、クローゼット(セキュリティーボックス)、薄型TVまであった。
手持無沙汰にしていると、18時半頃にはもう食事が運ばれてきた。野菜のポタージュ、ズッキーニにひき肉が乗せてあってオーブンで焼いたものとトマトソース、パン、ヨーグルト、リンゴとミネラルウォーター。味は……!
でも、きれいに食べると、すぐに器具を取りつける係の人が来た。早っ!無数の電極を頭、首、胸、お腹、右足、左手の中指に取りつけられ、鼻の穴にも管を通され、ベッドわきの器具に結び付けられてしまうと、もうその線の長さ以上動けない体になってしまった。しょえ~~~。
その器械は、21時から翌朝の7時まで記録されるようにセッティングされているとのこと。
仕方なくベッドに入った。頭もネットが巻かれ、メロンのようになっている。こんな姿では本を読む気にもならず、ボケーーっと下らないテレビを見ていたが、いつの間にか眠ってしまった。

そして翌朝。7時ジャストに。朝食を持ってきたおじさんが「もう器具を外して帰っていいよ」と入ってきて言った。夜中には、何度もトイレに起きて、コードを引きずりながら歩いてしまった。それも記録に残るのかな~。
なんだかちゃんと出来た気がしないまま、病院を後にしたのだった。(廊下も受付も無人だった!勝手に帰っちゃったけどよかったんだろうか…)

結果は今、待っているところ。ドキドキものだ。



ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
実は、私も受けました、その検査。 もともと良く寝る方なのですが、
5年ほど前に昼間の眠気がすごくて、ついに店で接客中に眠ってしまい!また、運転中ほんの短い距離でも金縛りみたいに体が動かなくなる・・など、危険なことが続き病院に行きました。(同じくメロンみたいになり、昼間の眠気ナルコレプシーの検査も続いてしました。)
睡眠時過喚気症候群の他に、ナルコレプシーという眠り病みたいなのがあって、結局後者に近いという診断でした。
で、お薬はあるのですが、とにかく眠いときは寝ましょう、また適正な睡眠時間は各人まちまちなので(5時間で足りる人もいれば、9時間必要な人もあり)自分で適正な睡眠時間を探してみましょうということでした。
今は昼ごはん後の昼寝は欠かせません。また、朝早く起きても仕事までまた寝たり小刻みに寝ています。(1日の1/3くらい寝てるかも・・あ~もったいない。)でもずいぶんましになりました。でも更年期に眠気ってのもあるそうです。がっくり

無呼吸症は…


お疲れ様ですっ!


それはそれは大変ですねっ(^o^;)


因みに…オレは介護職に携わっていて 無呼吸症の利用者様には横向きでおやすみいただいてますっ!


かなり効果的ですよっ! 


無理せず考え過ぎず 気軽にいきましょうねっ(^-^)


さかたに様

へーそうなんですか。
私の周りだけでも、睡眠障害を抱えた人をすでに5人知っています。(さかたにさんを入れて6人だ!)中国人、フランス人も含まれているので、国籍関係なくいるみたいですね~☆
私の場合、多分20代に比べて10kg近く太ったのと、顎がもともと小さいこと、あと顎関節症をやっていて、その時に下の歯をいっぱい削られたせいだと思っています。噛み合わせが非常に深くて、にーっと笑うと、下の歯が見えません!
最初は症状がよく分かんなかったのですが、最近夜中のトイレの回数がひどい時には4回ぐらいあり、絶対おかしい!!と思った次第。(最初は腎臓か何かの病気かと思っていました)
ナルコレプシーというの、名前は初めて聞きましたけど、昔勤めていた会社の上司の女性に、仕事中よく眠っている人がいました。多分、それだったと思います。運転中に寝てしまう…って、コワいですね。確か、電車の運転手で事故を起こした人がいましたよね…。
自分に適正な睡眠時間ってまだよく分かっていません。でも、夜遅くまでPCの前にいるのは避けようと思っています。
お互い、(来たるべき?)更年期を明るく乗り切りましょうね☆

ロキュータス様

横向きで寝るといいんですか~。早速今夜から意識してみます☆今までは、思いっきり上向きで大の字で寝ておりました!!(笑)
ロキュータスさんは介護のお仕事をされているんですね。また、色々教えてください☆☆☆
カテゴリー
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。