スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年3月1日(木) シャンティイ城へ

図書室!

子供たちを連れて「シャンティイ城」に行った。城は、パリの北東シャルル ド ゴール空港の先にある。ここで有名なのは、競馬場までともなった広大な厩舎。3000頭の馬がいるという。ここで調教の様子を見せてもらえる。しかしただいま大厩舎は修復中、一日一度の調教ショーも15時から1回しかないということで諦めた。城に着いたのは11時頃だったし、とてもそんなに待てないと思ったのだ。
16世紀に建立された城は、お濠に囲まれていて、広大な庭がある。プチベルサイユといった感じ。(庭師もベルサイユと同じル ノートル)
生クリームのことをクレームシャンティイというのだが、この城のレストランや庭のカフェでは生クリームの試食が出来る。(こちらも体験できなかった。残念!)

城内は、美術館並の展示物。ここの美術コレクションは本当に素晴らしかった。展示の仕方が、ちょっとぎっしり埋めつくし過ぎているきらいはあるが…。美しい装丁の本が13000冊も並ぶ図書室もすごかった。礼拝堂や廊下のステンドグラスも一見の価値はある。全体的に小ぶりだけれどゴテゴテしていなくて、品のよい城だと思う。ベルサイユのきんきらきんは疲れるし、フォンテーヌブローの建築様式の混在と建て増した城の不格好さは見ていて混乱するもの。
ここはその点、城として見学にはちょうどいい大きさだし、中のセンスもいい。広大な森に囲まれた美しい庭園も、今度は花が咲き乱れる頃に訪れたいと思った。(そしてぜひ生クリームを食べてみたい!)
パリから近いし、もっと観光客が来てもいい場所だと思うが、人はまばらで閑散としていた。あまり知られていないんだろうな…。


ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。