スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年2月27日(月) ある決意

1年に1度のぱたぽんのワクチンのために獣医へ行った。建物に入るや否や、ぱたぽんの尻尾は内側に丸まった。極度の怖がりなのだ。
名前を呼ばれて診察台に上がったらもう大変。「帰ろうよ~」って感じで私の胸に前足をかけて催促。獣医のムッシュウには怖がるあまり噛みつきそうになるし…。(汗)
やっとのことで頭を押さえている間に、シッポの前の方に注射をブスリと刺された。

実は、去勢手術をしなくては…と思いつつ、ぱたぽんは早6歳。最近、変な話だけど、ぱたぽんのペニスが時々巨大化して、長いこと中身が戻らなくなってしまう…という事態が頻繁に起こるようになってきて心配していた。その間、巨大化した例のものは床に着くぐらいの長さに伸び、ベッドの上とかにいるとマットレスがびしょびしょになってしまうのだ。(涙)
そのことを獣医さんに言い、「遅いけど去勢した方がいいんでしょうか?」と尋ねると、「去勢すると3年ぐらい長生きすると言われている。また、性格も穏やかになるよ」とのこと。噛まれそうになったせいか、凶暴で扱いにくい犬という印象を持たれてしまったらしい。たはは。
色々話を聞いて、やはり遅ればせながら手術を受けさせることに決めた。予約を取ろうとしたら、さっそく明後日!と言われてビビった。でも別に待っている理由もないので受けてしまった。費用は295ユーロと聞き、しょえ~っ!!保険もきかないし。
明日の夜からもう、水も餌もやってはいけない。お腹をからっぽにした状態で、水曜日の朝から手術。う~む。でも、子供を作ってあげる気がないのに発情だけしていても可哀想なので、やっぱりこれで良かったんだよ、ね…。



ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。