スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年1月24日(火) 処方箋をもらいに行く

オトフォニストの更新ための処方箋をもらわなければいけなくて、次男を連れて近所の診療所へ。
何でもまずは処方箋が必要というこの仕組みが面倒だ。「病院の医師が指示した」という一枚の紙がないと、オトフォニストの診察もダメだし、眼鏡やコンタクトを買うことも、歯のレントゲンを撮ることもままならない。その診療所も、簡単に予約が取れればいいけど、なかなか取れなかったりする。
今日の分の予約は、2週間以上前に入れた。いちいち時間ばかりかかるの。
診療所に行ってみると、既にぎっしり人が待っていた。ここは、市のやっている安い診療所なので、最低料金しかかからない。(7ユーロぐらい)しかも任意保険のカードを見せると支払いするものはない。(最近は薬屋さんもしかり)
17時15分の予約だったが、診察室に入ったのは既に18時。大体こんな風に待たされる。診察室では、小児科の検診として一通りのことをみてくれた。そして、「ちょっと風邪気味でしょう」と耳の薬もなぜか処方してくれて、2枚の処方箋をもらっておしまい。診察は15分もかからず終わった。
それから薬屋さんに行くと、処方箋で出してくれた薬は「アレルギー」と「鼻のスプレー」だというのでちょっと焦った。
「絶対にもう一度聞きに行った方がいい!」と薬剤師のお姉さんが主張するので、仕方なくもう一度診療所に戻っていった。
「この薬、のどと鼻の薬だから耳用ではないと聞いたんですけど、合ってますか?」と聞きに行くと、「ああ、それでいいのよ」という返事。「耳につながっているから」って!そりゃそうなんだけど。
私は薬嫌いで、風邪は寝て治すタイプ。子供たちのための薬もあまり買わない。今回のこの薬も、1か月使うようにという指示だけれど、そんなの必要かな~とちょっと懐疑的だ。

結局、行ったり来たりして武道に遅れてしまった。夜は、またバタバタの柔道、剣道の日だった。なんか自分以外のことで非常に疲れるのだワ。


ランキング
よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。