スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本のお祭りFête des Livres!

長男の小学校この本のタイトルは?
長男(もうすぐ10歳)の通っている公立の小学校で、「本のお祭り」があった。これは、毎年1度行われているなかなか楽しいイベントだ。クイズ形式で質問に答えたり、各教室で先生方の協力のもと、アトリエと称する色んなクイズや言葉遊びをしながら、先生方のサインをもらっていき、最後に全員が好きな古本を1冊ずつもらって帰るというお祭りなのである。(質問やゲームの内容は、小さな子供達用と大きな子供達用に分かれている)いつも通り9時に登校で、持ち物は鉛筆1本だけ。今日は親たちも学校に入れる。狭い中庭にクラス毎に集まると、先生が一人一人に紙を配った。そこにはこう書いてあった。「校舎のあちこちに11こ、質問の紙が貼ってがあります。すべての答えをこの紙に書いたら、2階の1つ目の教室に来なさい。サインをあげます」問題は壁に貼ってある教室に貼ってあった問題
今年のテーマは、フランスの人気漫画「ASTERIX(アステリクス)」だ。 子供達は、紙をもらうやいなや脱兎のごとく駆け出してゆく。うちの息子も、 「もうママはいいから帰って」と言い残してぴゅーんと走って行った。他の子達は、誰も親が来ていなかったので恥ずかしかったようだ。しかし、長男はすぐに戻ってきて、「やっぱり答えが解らないから来て!」と言うので、結局付き合って見て回ることにした。質問は、校舎の階段や、廊下に貼ってあり、本のタイトルを3択で選んで書き込んでいくものだった。表紙の絵が出ているので、小さな子でも分かるようになっている。やっとこ11ヶ所答えを書き込んで、教室へ持っていき、1つ目のサインをもらった。サインの用紙は、別になっていて、ここで始めてもらえるようになっている。さあ、これからアトリエめぐりだ!タイトルを当てる答えわかった?
10ヶ所のアトリエの内容も実によく考えられていて感心した。例えば、5~6つの物語の主人公の絵が書いてあって、その本のタイトルを選ぶものとか、クロスワードパズルをして最後に文章を作るものだとか、ばらばらになった映画のタイトルと写真を1枚の紙に貼っていくものだとか(「となりのトトロ」の絵も発見!)、1つの単語のアルファベットを並べ替えて他の言葉を作るものだとか、ただ先生がお話を読んでいる部屋や、コンピュータゲームの部屋もあった。となりのトトロが問題に!できるかな~?
コンピュータ室で教室にて
プレイルームでは、校長先生(女性でしかも若い)自ら、机を出してその上に生徒に配る古本を並べていた。古本は生徒達の家からの寄付だというが、どれも状態が良くぼろぼろの本は見当らなかった。そこでしばし、校長先生と歓談する。実は、彼女は長男のクラス担任で もあるのだ。「彼は、頭の中でフランス語を日本語に訳してから理解していない?」と言われるので、「そうかもしれません。母国語が日本語ですから。」と答えると、「いつか脳みその中の言語切り替えスイッチが、瞬時に入るようになるわよ」と励まされた。参加賞は古本!若き校長先生
 今、ちょっとその切り替えがうまくいかずに伸び悩んでいるのだ。日本人家庭だと他の子達に比べて語彙も圧倒的に少ないし、歴史とか地理とか私の手に負えない科目も始まってきたし…。それはともかく、長男は、5つサインをもらったところで、」時間切れ。アトリエが閉まりだしたのだ。時刻は11時30分を過ぎていた。今日は自分の好きな時に帰ってよいので、もうさっさと帰ってしまった子も沢山いた。(こういうところの適当さがフランスだ。日本だったら、「終わりの会」とか、「校長先生のお話」とかありそう!)私たちもそこで、古本をもらい、(欲しい本がなかった長男は、「弟のために」と言って、「ぞうのBABAR」の短いお話がいくつか入ったものを選んでいた)帰路についた☆

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。