スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月6日(日) ぱたぽん、骨をもらう

日曜の朝は何も予定がなければ大概、朝市に行くことにしている。
この市は、市役所前広場に週に3回立つんだけど、屋根のついた部分には生鮮食料品、パン、お菓子、花、お惣菜、古本、雑貨などがあり、広場には洋服、靴、DVD、雑貨、化粧品が並んでいる。
野菜や果物、肉魚類は市場の方が割高だったりするが、新鮮だし質が高いことが多い。毎週、同じ店に行くと、顔を覚えてもらい、買いやすいし楽しい。これもスーパーでは味わえない市場の楽しみだ。
また、洋服や下着は本当に掘り出し物が多いの!ブランド物がどこからか流れてくるので、ブティックでまともに買うのが馬鹿らしくなるほどだ。

今朝、そこをふらふら歩いていたら、全く知らないマダムから声をかけられた。
「あなたの犬、羊の骨好きですか?これ、よかったらあげます」と言って、ビニール袋を渡された。中には、太い羊の骨が2本!唐突だったのでビックリした~☆
主人は、「知らない人なんか?食べ物なんか気持ち悪いから、捨てとき!」と言っていた。まさか毒は入っていないでしょう~とばかりにぱたぽんの鼻先にそれを近づけてみたら、ぱくり☆とぱたぽんは骨をくわえてしまった。あちゃ~。しかも、取り返そうとすると、グーとうなる。そりゃそうだワ。
仕方なく、そのまま放置しながら家へ向かった。ぱたぽんは、3秒に1度ぐらい私を見ながら(警戒してる?)、普段より遅いスピードで歩いていた。途中、一度もトイレストップなし!(笑)骨は、これ以上ないというぐらいしっかりとくわえているので、「誰もそんなの取らないよ!」と言ってやった。
しかし、うちまであと300メートルの地点で、突然ぱたぽんが骨をポトリと落とした。あれ?どうしたの?と思ったが、ぱたぽんは平然としたまま歩き続けていた。顎が疲れたのだ!(爆)
なんか可笑しくて、しかたなく骨を拾うと、ジャンプしてそれを取り戻そうとする。(欲しいのか、欲しくないのか、どっちなんだ!)
うちに帰って、もう一度骨を洗って与えると、しばらくそれをガジガジかじって幸せそうだった。野生の本能かな~。顎のための偽物骨(すっごく長持ちするやつ)はあるけど、やはり本物にはかなわないと見た。
それにしてもあのマダム、昨晩の羊の骨をとっておいて、「マルシェで会う犬にあげよう!」と思ったのかしら。(ジップロックの袋に入っていたから、家から持ってきたのは間違いない)不思議な出来事だった。


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。