スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年9月12日(月) 一歩一歩~ブルギニヨン先生のこと

仕事モードから脱力モードへ、そしてやっと普通どおりの生活に戻るまでには時間がかかる。一週間の添乗を終えると、背中は合板でも入ったかのようになっているし、声もガラガラ。
特に今回は、別に通訳業務でもないのになぜかしんどかった。人当たり?のような感じ。あとは、一人の時間が極力少ないというのも疲れの原因かもしれない。
ともかくパリに戻り、精算業務も終了し、今やっとホッとしている。

今日は久しぶりにマダム ブルギニヨン(次男の発音矯正士)に会った。彼女は1月の終わりにスキーに行って骨盤を骨折。その後、ずっとレッスンは休みになっていた。3か月以上も田舎の病院でベッドに伏せっていたらしい。
次男も私も彼女が大好きなので、長いこと会えないのは淋しかった。いつも穏やかな笑みを絶やさず、話し方も丁寧でゆっくりと優しいマダム。情緒が低めで安定している。服装のセンスも上品でさりげない。彼女のようなフランス人を他に知らない。
自分が入院しているのにも関わらず、東北の地震の後すぐに私の携帯に電話がかかってきた。「ご家族は大丈夫ですか?ご心配でしょう」と。本当に胸が熱くなった。
「お会いできて嬉しいです」と言うと、満面の笑顔で「私も子供たちやみなさんが恋しかったです」と言っていた。
次男が「友達の○○を知っていますか?学校であなたのことを話していました」と言うと、マダムは「あなたたちが私のことを話すのは自由だけれど、私はここに来る子供たちのことを誰のことも他の人には言わないのよ。ここに来ていることを話すのがいやな子もいるから」ということを丁寧に、分かりやすく説明していた。守秘義務のことだろうけど、そういう小さなことでもいくら子供相手だからといって軽率に「知ってるよ」と簡単に言わないところが彼女らしいと思った。
来週からまた水曜日にレッスンを続ける約束をした。次男にとって、大切な30分間。わずかだけれど素敵なフランスの女性とのデートタイムだ☆


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。