スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年6月8日(水) フランス人のおかしな名字

何ごともなき、平穏な水曜日。
夜、アドちゃんが来て久々に長男とディクテの競争をさせられた。(時々、私も呼ばれて授業に参加するのだ)結果、私が20点中5点、長男が8点という低レベルな成績。今度、6月の下旬に行われる中学校の終了試験の問題集から出題してもらったが、出典はエミール・ゾラの「居酒屋」。文章は複雑だし、分からない単語はビシバシ出てくるし、フランスの中学生ってハードだな~と実感する。これが高校、大学と進むと、もっともっと専門的で難しくなるのだから、この国では小さい頃から「勉強する(学業に従事する)気があるのか?」という難題を突き付けられているような気がする。でもよく解釈すれば、「別に誰もが勉強しなくてもいいよ☆勉強が嫌いなら、早いうちから自分の道を決めな!」と言ってくれてもいるのだが…。

今夜のメニューは、グリーンサラダ、コールスロー、キッシュロレーヌ、とんかつ、パン、白飯。とりあえずとんかつはロースを8枚用意!(爆)

食事中にアドちゃんがした楽しい話題をここで一つ。フランス人の名字の話になって、すっごく変な名字の人の話とかをしていた。(フランス人は名字の種類がめちゃくちゃ多い。)
しかし例えば、誰が聞いても変な名前「うすのろ」とか「バカ」とかの類は、役所に届け、正当な理由が認められれば変えられるそうだ。変える時は好きな名字に変えていいというのを聞き、なんだかな~と思った。
また、ある所にルノーさんという人がいて、自分の娘にメガンヌという名前をつけたら役所で拒否され物議をかもしたらしい。ルノーはいわずと知れた自動車会社名、メガンヌというのは車種名だ。嘘のようなホントの話らしい。(ちなみに長男の友人にひとり、メガンヌがいる!)
あとCLIO(クリオ)っていう大衆車があるのだが、これは名前に使ってはいけないとか。日本で例えると、豊田さんが娘にカリーナってつけるとか、そんな感じ??ちょっと日本ではありえないか。
それと爆笑だったのは、アドちゃんの友人が、電話帳で「ル リエーヴル(野うさぎ)」さんっていう名字の人を探してわざわざ電話をかけ、「アロー、ムッシュウ ル リエーヴル?」と言って、もし相手が「ウイ(そうだ)」と答えたら、「PONG(ポン)!!!ジュ シュイ ル シャッスール(私は狩人です)」と言ってガチャンと切るという遊びに凝っていたことがあったそうだ。(なんて暇な人)ちなみに「ポン」は猟銃の音☆
私が知っている一番長くて変わった名前の人は、「大豆生田(おおまみゅうだ)」さん。この名字は栃木県のある地方に多いらしいんだけど、「みゅ」という日本の名前ではあまり使われない音が入っている。
ついでだけど、具志堅洋子さんという、本人は悪くないのにいつも笑われてしまう人もいたな~☆


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




コメントの投稿

非公開コメント

大豆生田くん

覚えてる~!
中学のとき、いたいた!
かなりインパクトがある名前だよね。

私も変な名前談義(もちろん日本人だけど)になると必ず出す名前(笑)

まぁうちも変わった名字だったけどね~。

RICO様

そうだね。RICOの旧姓はなぜかフランス語だもんね!

大豆生田くんは、確か転校生じゃなかった?豆のような顔をしていたと思うけど…☆

あれ?彼は転校生だったんだ~。
卒業式の予行演習で名前呼ばれてやたら目立ってたのと背が高かったのしか覚えてない。

そういえば旧姓のおかげでフランス語の先生にすぐ覚えられました(笑)

RICO様

インパクトのある名字でうらやましい。私の使っている香水と同名よ!!
でもいいと思ってつけた子供の名前「総司(そうし)」が、フランス語の「SOUCI(悩み、気がかり)」と音が似ていて悩んでいた人や、フランス語だと変な意味になって笑われたりする名前とかあるので、名前ってつくづく難しいよね!
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。