スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年5月29日(日) 天理教バザーへ

5月の最終日曜日は、毎年天理教のバザーのために郊外アントニーに行く。掘り出し物は多いし、何よりその値段が信じられないほど安いの!何をおいても行かねば~と思っていたら、今年は日本祭というイヴェントが他の場所であるというではないか。
震災のための義捐金のためのバザーや模擬店、日本の伝統芸能などなど。その上「ベイブレード大会!」なんて案内に書いてあってギクっとしていたが、案の定、子供たちはそっちの方に行きたがって、二手に分かれてしまった。つまり、子供たちと主人は日本祭、Tくんと私は天理のバザーっていうことに…。
まずは11時に始まる日本祭に車で行き、3人を落としてから天理会館に向かった。しかし、そのため早く行きすぎ、12時開催なのに11時15分には着いてしまった。そこは庭つきの大きな一軒家で、門は閉まっていたが、既に15人ほど並んでいた。早っ!!みんな顔を見たことのある常連さんで、スペイン語圏やアジア系の人たちが多かった。

12時になって門が開き、人々は思い思いの場所に散っていった。私の道順は、まず食器、雑貨コーナー~本コーナーの後、靴、洋服と導線に無駄がない。電化製品や家具は買わないのでパス。
食器コーナーに入ったのは4番目ぐらいだったが、その後ドバーッと人が流れてきて、瞬時に殺気だったすごい会場になっていた。みんな無言、すごい勢いで物を袋に入れていく。その速いこと!遠巻きに見ていた天理のスタッフが、「すごいな~」「いや、今年はおとなしい方ですよ」と言い合っていた。(爆)

本を見ている時に主人から電話があり、「日本祭もう見終わったので今からそっちに行くワ」とのこと。しばらくして、郊外線に乗って、子供たちと主人が来た。2つの会場は同じ郊外急行の線で実はすごく近かったことが判明した。次男はベイブレード大会で優勝したといっていた。商品にプレイモービルをもらったのだそう。

さて今日の買ったのは、足のついたお菓子皿、ガラスの水差し、角皿、新品の大きめグラタン皿、本が画集やガイドブックや文庫本など19冊、ビデオカセット2本、手編みの夏用カーディガン1枚と、例年に比べて地味めだった。でも今日は本が充実していて嬉しかった。これで全部で14ユーロ☆信じがたいでしょう。
一番の掘り出し物は、「フランスの王妃と王」という大判の新品の画集(ビニールでびっちりとめてあって封が解かれていない)で、なんと1ユーロ!後ろに定価が貼ってあって、42ユーロだった。うちに帰って中を開けてみたら、絵はきれいだし、説明はきっちりしているし、初代のクロヴィスから革命後のルイ フィリップまで、それぞれに説明が書かれており、見やすくてすごくいい本だった。長男のために買ったけど、私も一緒に読んでもっとフランスの歴史を知ろう!と思った。

15時に家に着き、遅めの昼ごはんを食べ、それからグダグダしていたら一日はあっという間に過ぎていった。


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。