スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年5月15日(日) 朝市~庭仕事

パン オ レでーす!

今朝はパン オ レ(ミルクパン)を焼いた。自分で焼いたパンは格別な気がする。きっとパン焼き器があったら簡単にできるんだろうな~。実は去年の夏に日本で買おうとしたのだけれど、こっちの小麦粉だとうまく焼けないという噂を聞き、やめたのだった。でも何とか工夫して出来ないものか~と考えている。練ることだけとっても、器械があったら楽だろうな~と思う。結構力もいるし、毎日だと思うとしんどいもの。

子供たちとTくんと4人で、マラコフの朝市に行った。市役所前に着物姿の人たちが集まっていた。何かと思ったら、日本の震災の支援のために、合気道の技を見せたり、日本のグッズを売っているスタンドだった。我が市に住んでいる日本人や、協力者の人たちと話をした。うちの市はパリ(14区)を一歩出た郊外なのに、多分日本人は10人ぐらいしか住んでいない。その中の半分の人に出会ったという感じで感慨深かった。思わず電話番号を交換し合った。
市では食料品を購入。帰り道、いつも行く一番うちから近いパン屋さんを通りながら、「こういう所の現場見てみたい?」とTくんに聞いたら、「ぜひ見たい!」と言うので、飛び込みでお店の人に聞いてみた。
「うちに住んでいるこの青年は、日本のパン屋で働いていました。3か月フランスに滞在予定なのですが、勉強のためにお宅で研修できればと思っているのですが…」と言うと、店の責任者の女性が、「うちは大歓迎だけど、労働局のコントロールが来た時に責任取れないから、学校の紹介状のようなものがない場合は、器械に触れず見るだけになっちゃうけど」とのこと。
Tくんは、「もちろん見るだけでもいい!」と大喜び。粉の種類とか、そのこね方とか、器械だとか、そういうのが見たいのだそう。トントン拍子に話が進み、いきなり明朝の4時半に行くことになってしまった。何でも言ってみるもんだとちょっと感動☆Tくんの目が嬉しそうに輝いていた。

お昼を食べた後、主人がやおら庭仕事を始め、Tくん、私、長男(時々)も一緒に作業。Tくんが自主的に「ぼくも手伝います」と言ったのが嬉しかった。なんかまるで本当の家族のようになった感じ。じーんとしてしまった。
いきなりの庭仕事の理由は、最近、隣の家が一日で美しい芝生の庭に変身したので(いいな~☆)と触発されたのだ。うちは2年ほど前に土を平らにして芝生の種をまいたのだが、出てきた芝がまだらに生え、不細工な状態でボーボーと伸びていたのだ。お隣さんは、芝生の生えた土がグルグル巻きになっているのを何十個も買って、それを10センチぐらい蒔いた土の上に隙間がないように乗せていくやり方だった。速いし、簡単だし、きれい!
ある朝、2階のカーテンを開けた時にお隣の庭の芝生のグリーンが目にまぶしく入ってきて、わーーーっ!と感動してしまった。完負!!そこでうちもその方式を真似することにし、生えている芝生を全部取って、土をならすことにしたのだ。(芝生屋さんの電話番号も聞いた。なんと買いに行かずに、広さだけ告げると配達してくれるそう。なんて便利!)
深く入り込んだ芝生の根は取りにくく、炎天下の大変な作業だったが、何時間も文句ひとつ言わずに働くTくんの姿がいじらしかった。(ごめんね、ゴロゴロしてるなんて言って!)とちょっと反省。
でも作業はあと2割というところでストップ。明日早起きのTくんのために、早めの夕食にした。(ちゃんとフランス語の勉強もした)


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。