スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年4月29日(金) 私のパリの基点

夜、添乗員のくにちゃんに会いに「イビス ポルト ド クリシー」まで行った。この全くどうってことのない2つ星ホテルは、私が大学3年の時に初めてパリを(学生対象のパックツアーで!)訪れた時に泊まったホテルで、個人的には非常に印象深い。今でこそイビスホテルチェーンだが、昔は「フランツール ベルティエ ブローシャン」という名のホテルだったので、今でもつい「ブローシャン」と呼んでしまう。
この辺りは移民が多く、通りはグレックサンド屋、サンドイッチ屋、中華料理、ピザ屋と大衆的な店が並ぶ。通りを歩いているのもアラブ人、黒人ばかりで、初めてパリを訪れた時には「ええっ?これがパリ?」と思ったものだ。
ツアーの人たちとはすぐに打ち解け、夜な夜な各都市のディスコに通い、ワインをしこたま飲んで、フラフラした足取りでホテルまで歩いたっけ。今では全くそんなことしたいと思わないけど、あの頃はどこに行っても(旅先なんだから夜遊びしなくては!)という感じ。(汗)パリも同じで、全然どこに行ったかは覚えてないけれどどこかで踊った帰り道、このホテルまでの道が長~かったのは覚えている。
その時、26日間の長旅を率いていた近畿日本ツーリストの添乗員の女性に憧れ、「私の職業はこれだ!」とほとんど熱病的に旅行を仕事にすることを決めたのだった。なんて懐かしい☆
そのツアーは、ほとんどが卒業旅行の人たちでみな就職が決まっており、私だけ唯一大学3年生だった。私は一人参加だったから、なぜか47歳で一人参加だったおばさん(当時はそう思っていたけど、今の私がほぼその歳だと思うととてもおばさんとは言われたくない!←ワガママ☆)と偶然同室になった。さばさばした楽しい人で、学生の中にいても全く違和感がなかった。私も知らない人と同室になってよく長い期間うまくやっていたな~と今では思うが、当時は全然OKだった。数カ国回った旅行は本当に楽しく、印象深かった。ヨーロッパの最後には、おまけのようにエジプトまで行った。(よく考えればすごいツアーだ。)
そのツアーの人たちとはその後も何度か会ったり、地方に勤めた人を訪ねて何人かで旅行をしたりと交流もあったが、今では誰とも付き合いがなくなってしまった。みなさん今、何をしているんだろう。私がパリに住んでいることは誰も知らない。
ホテルでチェックインするくにちゃんを離れたところで眺めながら、(思えば遠くに来たもんだ~)とおばさんのようなことを考えている自分がいた。



ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




コメントの投稿

非公開コメント

No title

私がはじめて行った時は、ヴァヴァンの近くの同じく
二つ星ホテルでした。しょっちゅうカフェロトンドに行っ
てはぼーっとしてました。
ホテルの前にあった、学生相手の定食屋「wadja」が
(ここで初めてブーダンノワールを食す)今でもあるの
を、グーグルアースで最近知りましたが、めちゃくちゃ
懐かしいです。1フラン60円の頃の話です。

ENO様

1フラン60円というのはかな~り昔ですね!私が住むために来仏した時には20円台でしたもの。27円ぐらいだったと記憶しています。
カフェ ロトンドも仰っている定食屋も、私は行ったことありません。ぜひまたブダンノワールを食べにいらしてください!
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。