スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年4月26日(火) アルザスから帰って

オークニクズブール城

4月21日から4日間、アルザスに行ってきた。1月の寒い時にも行ったけど、最近アルザスにすっかり魅せられている。
冬には、2本だけ枝を残して剪定したばかりのブドウ畑だったが、その枝からはかわいらしい緑の葉っぱがふき出していた。菜の花畑、リラの花、マロニエの花、タンポポ、スミレ、藤の花など、色とりどりの花が咲き乱れ、鳥が歌い、緑は目にまぶしく、風景のなんと美しいことか…。

菜の花畑

パリからTGVで2時間20分。ストラスブールに着き、そこからレンタカーでワイン街道を回った。ワイナリーに5軒寄り、たくさん試飲をし、たくさん話を聞いた。すごく有意義だし楽しい時間だった。そっちがメインなんだけど、時間の合間にはもちろん観光もした。小さなかわいい村、教会、城、どこに行っても見どころが沢山ある。あっという間に時が過ぎてしまった感じ。

また食べ物は何をいただいても美味しく、特に感動したのは今から6月までしか食べられないという白アスパラ☆これは都会で売っているのとは全然違う!なんと今朝採れたてというのをいただくのである。太さが直径2センチ以上ある。それも周りを削いで茹でた後の太さだ。これを口に含んでびっくりした。冷たいと思っていたらそうではなくて、あつーい汁がじゅわーっと口に広がるのである。自家製という酢とマスタードのソースがシンプルだけどうまい!!

今が旬!ホワイトアスパラ

カイゼルベルグという村を散策していた時、フラフラとブドウ畑の側まで来てしまった。見上げると城跡。山頂まで10分の登山を楽しんだ。山の上からは村の集落が見下ろせた。新鮮な空気、見渡す緑、遠くにヴォージュの美しい山並み。なんだかとても幸せな気持ちになった。

城を見上げるぶどう畑



ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




コメントの投稿

非公開コメント

No title

コウノトリはいませんでしたか?
それにしても、ホワイトアスパラ美味そうです。

余計な追加ですが前回の続きを。
蝶と蛾ですが、生物学的には区別がなく、蝶で騒ぐの
は日本が突出してるようです。
一般的な日本での見分け方は、触覚の形状で、先端
が玉状に膨らんだのが蝶で、櫛状なのが蛾です。
勿論例外があり、飽くまでも目安ですが、慣れてくると
飛んでいるのを見て種類まで判るから不思議です。
とは言え、例えば、若冲の絵に出ている虫が何かと判
るのはそれはそれで嬉しいものです。

以上、どうでもいい情報でした。

ENO様

コウノトリ見ましたよ!高い塔の上に巣を作っているのがいました。
ホワイトアスパラは今まで食べた野菜の中でバルセロナのネギ(カルソッツ)に匹敵するうまさでした。あれは価値がありました。ちなみにハムの皿がついていますが、これで22ユーロです。

私はきれいなのは蝶、茶色のは蛾って勝手に思っていたんですが(爆)、そうでもなさそうですね~。しかし見ているうちにだんだん気分が悪くなってきました。(特に幼虫!)なんでも詳しいっていいことだと思いますよ。どうでもいいなんてことないです。どうもありがとう!

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。