スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年4月2日(土) 次男とルーブル美術館へ

ルーブル 古代エジプトコーナー

次男が先日、学校でルーブル美術館へ行き、そこにミイラがあると聞いてきた。もうそれ以降行きたくて仕方がなく、何度もせがまれたのでふたりで行くことにした。明日だったら月に一度の無料の日だったんだけど、死ぬほど混む。それはぜひとも避けたいので、今日の午後、しかも16時過ぎと一番すいていそうな時間を見計らって出かけた。

メトロでパレロワイヤルまでうちから大体30分。そこはもうルーブル美術館の地下に直結している。子供は無料なので、私の分だけチケット(10ユーロ)を買って、シュリー館へ一直線。いつもお客さんと一緒だとドゥノン館から入る(モナリザが近い☆)ので、シュリー館から入ったのは多分初めてかもしれない。そこから、一番反対側にあるミイラまで、えんえんと古代エジプトの陳列が続く。階段も上がったり下りたり。。。そして、なぜだか美術館の行き止まりのような辺鄙な場所にミイラが一体寝かされている。もう少しこの場所はどうにかならないのかな~といつも思う。次男はおっかなびっくりDSで写真を撮っていた。怖がっているんだけど見たい!という顔が可笑しかった。

それからシュリー館をじっくり見学し(こんなのも初めてかも?)、モナリザといくつかのフランス絵画を見て既に1時間半経過。閉館の時間になったのであちこちに進入禁止のロープが張られる中を重たい足を引きずって出てきた。
喉も乾いていたので出口のところのスタバでお茶して(次男はドーナツ)、いくつかのブティックを見て、オペラ方面に歩いてきた。
補習校帰りの長男とブックオフで待ち合わせしていたので、そこまでも歩き、ヘトヘトの状態で店に入って行くと長男が目の前にマンガを山積みにして待っていた。それを「はい☆」と言って手渡され、なぜか買わされる羽目になった。あれ??


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ




コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。