スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評☆ 「オリガ・モリゾヴナの反語法」(米原真理)

なんという肉厚な、そして読んでいてぐんぐん引き込まれた小説だろうか。
不思議なタイトルにひかれて本を手に取り、冒頭のオリガ モリゾヴナの台詞を読んだ時から、物語の舞台である1961年のプラハ・ソビエト学校の講堂に心が飛んでいた。
「ああ神様!これぞ神様が与えて下さった天分でなくてなんだろう。長生きはしてみるもんだね。こんな才能、初めてお目にかかるよ!あたしゃ嬉しくて嬉しくて嬉しくて狂い死にしそうだね!」

タイトルになっているオリガ モリゾヴナは、毒舌で辛辣な舞踏教師だ。猛々しい原色のオールドファッションに身を包み、爪の先には真っ赤なマニキュア、年齢不詳。生徒をけなすのにほめながらけなすという高等テクニックを用いる。(その罵詈雑言の豊かで面白いこと)
主人公は、著者を彷彿させる日本人女性志摩(しま)。少女時代に4年間、プラハのソビエト学校で学び、ダンサーを目指したが挫折し、現在は40代で日本でロシア語の同時通訳をしている。離婚歴があり、成人した子供が一人いる。
彼女が過去を懐かしみ、旧友や大好きだったこのダンス教師の消息をたずねるためにモスクワにやってくる。そこで、昔は幼すぎて分からなかった事柄が、少しずつ露わになってくる。そのドキドキする謎解きの中で、主人公は幸運にも親友に再会し、昔は理解できなかった先生方の過去の謎や、ロシアの暗い歴史に翻弄された人々の来し方を知る…というもの。

こう書くとその物語の重みが分からないが、私が一番感動したのは、ロシアのラーゲリ(強制収容所)の生活のくだりだ。ラーゲリでの生活をある老女が語るのだが、一番辛かったのは、恐ろしい寒さでも飢えでも過酷な労働でもなくラジオ、新聞はおろか、肉親との文通も禁じられていたという、外部からの情報の遮断であったという。
しかし、そんな生活の中で、ある日、ひとりの女がアルトの声で歌い始めた。それから自分の知っている物語を語り始めた。それを毎晩、同じ部屋の女囚たちが聞きほれるようになり、次々に皆が自分の記憶の中の物語を語ったり、歌ったり踊ったり、学芸会のように楽しむようになった…。この部分は涙なしには読めない。
しかし、どんなに過酷なことが書かれてあろうとも、小説全体のトーンは明るいユーモアに満ちている。志摩の明るさは、そのまま米原さんのキャラクターだろう。たくましく、賢く、優しい。そして登場人物もみないじらしく、哀しいほどに優しい。罪深き、弱い人間に対する目線にも慈愛を感じる。だから厳しい現実を突きつけられても読後感が仄かにあたたかい。

驚くべきことに、米原さんはこの小説を仕上げるために、ほぼ100冊の本(日本語、ロシア語)を読んでいる。だからなのか、この本には、細かい部分にまでリアリティーがあり、臨場感にあふれている。もちろん、彼女自身が少女時代に体験したことも大きいだろうし、どこの部分がフィクションなのかは分からないが。
多分、このような小説を書ける日本人作家は数少ないだろう。文章の端々に日本人の芸術観、教育への鋭い批判も感じられる。圧倒的なスケールの大きさは、やはり大陸で暮した生活の影響かもしれない、なんて思った。



ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。