スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年4月29日(木) 博物館へ

恐竜バリョニクス

退屈が頂点に達している子供たちと「パレ ドゥ ラ デクヴェールト(発見の宮殿?)」に行ってきた。理数系の博物館なのだが、ここで臨時に恐竜展をしていると知って、行こうと思ったのだ。
私は初めて行ったのだが、中学生ぐらいからの子供~大人向けだと思った。あんまり小さい子は理解できないだろうし、専門的なので結構難しい!ただ研究発表のように展示してあるだけではなく、各所にある講義スペースでスタッフが行う実験やデモンストレーションが面白かった。例えば、「ネズミの学校」というスペースでは、40分ぐらいかけてネズミが迷路や仕掛けのある大きな入れ物の中で学習していく様子を見せながら講義をしたり、「電気のコーナー」では、客を実験に利用しながら静電気を起こして見せたりする。その説明がユーモア交じりで面白いの。そんな講義の部屋が10こぐらいあった。これらを全部見るのは時間的に不可能だったのが残念。入らなかったけど、プラネタリウムもある。
しかし、うちの子で言うと、長男はそれらの講義を興味深そうに聞いていたが、次男はすぐに飽きてしまって「もう行こうよ~」となってしまっていた。
でも恐竜展は見てそのまんまで分かりやすかったのでホッとした。これが恐竜が骨だけとか、模型だけでなく、動くのだ!びっくり~☆顔の表情もリアルに出来ていて、小さな子どもは本気で怖がっていた。



ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。