スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年4月18日(日) 「龍馬伝」について思うこと

NHKの大河ドラマ「龍馬伝」が俄然面白くなってきた。
そもそもそんなに時代劇が好きってわけでもなく、歴史オンチで、坂本龍馬のこともよく知らないので偉そうなことは何にも言えないんだけど、そんなヒトでも十分楽しめるドラマになっていると思う。
まずは何と言っても脚本 福田靖さんと演出 大友啓史さんの力が大きい。どちらの作るドラマも映画も面白くて目が離せないのだから当然か。とくにこのドラマでは、岩崎弥太郎という経済人の目線で描いた幕末記ということがストーリーに更なる厚みを持たせている。そしてこの何とも言えないライバルでもあり、親友でもありというフシギな距離感がいいの。男同士で惚れあうっていう構図があっちこっちにあって、いまいちそこには感情移入はできず疎外感を覚えるけど、悔しくもカッコいい。今のとこ出てくる女たちはみな、やんちゃに暴れまわる男たちをやれやれって感じで温かい目で見守り、そっと支えるだけ。

長きにわたった徳川の治世は、圧倒的な力を誇る列強の前についに開国せざるをえない。でも日本はその頃まだ、ただの地方の小国家(藩)のまとまりに過ぎない。全く準備できてなかったんだよね~。
しかしこの近代化に向けて突っ走っていく時代に、日本の各所に突出した歴史人が現れているのは興味深い。
坂本龍馬という人は、一つのまとまった国としての日本を理想に描き、それを実現するためにカタナを使う代わりに、彼の生まれ持った人間としての度量で成し遂げたという人なのだろう。だから我々の心を打つのだ。
心が大きく泰然自若として、人の痛みも哀しみも知りながら、高い理想を掲げどこまでも強く信念を貫く。こういうサムライ像がやっぱり日本人であってほしい。こういう人はなかなかいないけどね!



ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

私も見てます

龍馬伝、久しぶりにはまってます。
カメラワークも今までになく臨場感があって映像的にも、もちろんストーリー的にも面白いですね!
香川照之扮する岩崎弥太郎も、迫力満点、これからの展開が楽しみですね。

※火山灰騒ぎ、そちらは大丈夫ですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RICO様

久しぶり~!
コメントありがとう!
鍵コメのこと気になるけど大丈夫?
またメールするね。
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。