スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年4月9日(金) 母を送る

午前中、母を送って空港へ行く。本当はひとりで行く予定だったので、帰り道が嫌だな~と思っていたのだが、私が風邪気味なので主人が一緒に来てくれることになり、運転もしてくれたので気が楽になった。ぱたぽんも一緒☆
チェックインはすんなり終わり、カフェで最後のコーヒー。私は、ラデュレでマカロンを6個買ってきて、2個ずつ食べた。あ~美味☆空港にラデュレ。危険だ!友達は一度ここで100ユーロ以上もお土産用のマカロンを買ってしまったと言っていた。
母に手を振って別れる時に、新しくできたセルフセキュリティーコントロールなるものを見た。これは、パスポートコントロールの長い列に並ばずともさっさと自分でパスポートを器械に通して、人の手も煩わさないというもの。なんて画期的な!と思ったが、それを利用するためには登録をして、片手の指紋を撮られてしまうのだ。これには抵抗ある人もいるだろうな~。

ところで今日はいいお天気で、19℃もあった。Tシャツ1枚でも平気なほどの気持ちの良い日だった。
次男を迎えた帰り、庭でジャンダルム(テントウムシみたいな虫)がたくさん、2匹ずつつながって歩いているのを見た。次男は、「あ、結婚してる」「こっちでも結婚してる」「今日は結婚式だ!」と言っていた。それを微笑ましく見ていたら、玄関の近くで2匹が離れ離れの方向に歩いて行くのを見つけた。それを見た次男はすかさず、「あ、愛が切れた!」と言ったので爆笑してしまった。

夜はアドリアン。夕食時の話題は萩原朔太郎!

天上縊死

遠夜に光る松の葉に
懺悔の涙したたりて
遠夜の空にしも白ろき
天上の松に首をかけ。
天上の松を恋ふるより
折れるさまに吊されぬ

この詩の「天上の松を恋ふるより」ってどういう意味?と聞かれたのだが、この「より」が分からない。どなたか分かる方、お教えくだされ~。(日本人なのに負けてる、涙!)

ちなみにアドの好きな短歌は、

尋ね来て
道わけわぶる
人もあらじ
幾重もつもれ
庭の白雪(寂然法師)

だそう。さらさらと達筆で書いてくれました。


ランキング

よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。