スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月28日(日) 思わぬハプニング!

3日間の家族旅行でブーローニュ シュル メールというパ ド カレ県の港からフェリーに乗ってイギリスに渡るはずだった。しかし…、今、我が家でこれを書いている。たはは!

早朝にお弁当まで作って家を出た。そして11時には港町に到着していた。ここまでは良かったんだけど、昨夜からの悪天候で、海は大時化(しけ)!風がビュービュー吹いていて船が1時間半も遅れていたというのもガックリきたが、それ以前に、チェックインの際に、ぱたぽんのダニよけのワクチンをしていないというので引っかかってしまったのだった。ワクチンは、接種後24時間の間も置かなければいけない。つまりどうやっても今日は船に乗れないということだった。しかも肝心の獣医も今日はお休みなのでどうしようもない。ペットホテルという手も考えたが、探す手立てもなかった。
フランス側は送り出すだけなので船に強引に乗ることも出来たのだが、イギリスに着いた後で犬は検疫に40日間もの間拘留されるというのを聞いて、ダメだこりゃ~となったのだった。でもこのワクチンの件、全然知らなかったのでホントに寝耳に水だった。(スペインに飛行機で行った時には全くノーチェックだった。犬用のパスポートは必要だったけど)やはり、イギリスは島国だけあって検疫にもうるさいのだろうな~。

悔しいのはフェリー代もホテル2泊の料金も前払いしてしまっていたこと。特にホテルは変更不可、返金なしというのだったので丸々損してしまったこと。でもこんな嵐の中でイギリスに渡って行っても結局は観光も大変だし盛り上がらないだろうな~ということで気を静めた。
今日観光したのは、ブーローニュ シュル メールの水族館と、城壁に囲まれた旧市街、カテドラル、城跡の美術館などなど。帰りにル トゥケというリゾート地に寄ってホテルを探したが、何軒かはペット同伴不可、また空いていたホテルもなんか寂れていて気に入らず、結局夕食だけ済ませて家路に向かったのだった。

長男は、「友達にイギリスに行くって言っちゃったのに~」と言って身悶えしていたので、つい「寅さん」でハワイに行くと近所中に触れ回っていたのに結局行けなくて、みっともないからと電気を消して家の中でじーっと潜んでいたというエピソードを思い出した。この敗者復活戦は必ず!と誓って、いつになるか分からないけどもっとお天気がよくなったらまたイギリス旅行を計画したいと思う。(前向き☆でも目に涙!)


ランキング

こんなのに参加しています。よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

ひゃ~

楽しみにしていたのに残念でしたね。
国によってわんこの検疫は全然違うんですよね。
日本もやっと数年前にマイクロチップ装着と狂犬病ワクチン接種証明があれば、検疫なしで出入国ができるようになったみたいですが、それまで国際大会に出る子たちはみんな帰国後2週間留め置きでした。
海外から入る子は国によって違うようで原則狂犬病が撲滅されている国からの入国は書類のみでOKのようです。

RICO様

ドーバー海峡を渡るフェリーはネットで申し込んだのですが、そこには「ペットは?」「はい、いいえ」ぐらいの質問しかなくて、まさか特別な予防接種や血液検査も必要なんて説明もなく、不親切だな~と思いました。でも考えてみたらイギリスはEUとはいえユーロじゃないし、島国で他よりずっと出入国に神経質な国なんだった。もっとこっちが注意しなくてはいけなかったんだよね~。ペット連れの旅行は色々大変だワ。
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。