スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月9日(火) お話と音楽の夕べ

ソワレのポスター 本を売っているコーナー マダムのお話を聞く

次男の小学校で図書館用の本を買うために父兄が主催した「お話と音楽のソワレ」があった。これが子供も見に来るのに、始まるのが19時半で22時までという時間帯だった。いくらなんでも遅っ!
会場は学校の中の「家族の部屋」という部屋で、入場料も大人3ユーロ、子供2ユーロと無料ではない。早い話、寄付の一環っていう感じだ。
会場の一角では図書館の古本が並べてあって、いくらかの寄付をすれば好きなだけ持っていっていいようになっていた。軽食もあって、1ドリンクは無料、お菓子やキッシュなどは1ユーロ。
会は、父兄達のお話コーナーやコンサート、ダンスなどで、子供たちは楽しそうに友達とはしゃいでいた。お話やコンサートが目的ではなく、あくまでも夜に友達と一緒にいるっていう状況に興奮していたようだ。
私は3冊本を買い、テオママと一緒に座って見ていた。お話のマダムの捨て身の演技は気に入ったが、歌と演奏はあまりの下手さにびっくりした。しかも大人向けの歌を延々と続けるので、もっと他にやり方はないのかな~と思った。多分、歌っている本人が一番楽しかっただろう。
21時まで見ていたが、明日仕事だというテオママがもう帰るというので同時に席を立った。うちに帰ってきてから夕食。スパゲティーを作ってくれていた主人に「変な歌を聴いてきた」と言ったら、主人が「行かなくてよかった~」と心底嬉しそうな声で言った

ランキング

こんなのに参加しています。よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。