スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月31日(日) アップルストアにて

ルーブル美術館地下のショッピングセンターの中にある「アップルストア」に行った。この間もらった古いi-podのことで行ってみたら、予約しないといけないというので、今日に予約を入れたのだった。バッテリーを替えればまだ使えるのならラッキーというような軽い気持ちだった。
アップルストアは、マッキントッシュの直営ストアで、ショウルームも兼ねている。このお店がまたかっこいいの!ルーブルの逆さのピラミッドに面しているというロケーションもさることながら、ガラス張りの明るい内装も、すべてのモデルを自由にさわれるところも魅力で、いつも人でいっぱい☆
でも戸惑うのは、予約の際にいきなり「あなたの下の名前は?」と聞かれたのだ。(スタバのよう)そろいの青いTシャツ姿のスタッフも妙にフレンドリーだし、みんな首から名札をぶら下げ、手にはi-phoneというのもアメリカしちゃってるのだ!

予約の時間に行き待っていたら、モニター画面に大きく私の名前が待っている人の3番目に出ていたのでビックリ!すごい仕組みだと思った。

順番になって説明をし、色々みてもらったら結局壊れているということが判明。バッテリーを替えるんじゃなくて、60ユーロで本体をくれるといっていた。(でも古いモデル)補償はきかないというので、また何事かあった時のことを考えると、新しいモデルを買った方がいいという結論になった。私はとりたてて必要ないので、結局買わなかったけど。
新しいものがどんどん出て、ちょっと古いと直すことも難しくもう捨てるしかない…って、フランスもそういう波にのまれつつあるんだな~と思った。


ランキング

こんなのに参加しています。よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。