スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月14日(木) アドちゃんの頭に宿るもの

第二次世界大戦 冷戦中の東西対立

家庭教師の終わったアドリアンと一緒に夕食を取る時の会話は高尚なもので、ちょっとした講義を受けているような気分になる。
今日の議題は、「資本主義と社会主義」「第二次世界大戦」「北朝鮮」という豪華(?)3本立て!子供たちも時々質問を入れながらも神妙な顔で聞いていた。
うちの家族だけでいる時のバカな会話とまるで違うので苦笑☆

その後、日本語能力試験の話になり、彼は18歳で1級を取得しているのだが、その問題集をたまたま持っていたので見せてくれた。例えば下の問題。「カッコ内にふさわしい言葉を入れよ」とのこと。
1)「私達を裏切ったあんなやつのことなど、口にするだに(        )」
2)「(      )たる者の務めとして、子供を健全に育てなければならない」
3)「彼は日頃から乱暴な運転をして危ないと思っていたが、ついに人身事故を(       )しまつだ」

答えは、1)腹が立つ、2)親または教育者、3)起こす(「起こした」は×)
結構難しいワ。アドちゃんはどんな問いを出してもカンペキに答えを言うので感心していたら、次男がしみじみ「アドリアンの頭には神が宿っているんだよ」と言った。そのコメントにも驚いたけど☆

次男は今でも時々、「アドリアンてなに人?」とか「アドリアンって子供?大人?」とか聞くので、よっぽどフシギな存在なんだろうな~。夜寝る前にも、「アドリアンって何でもできるよ。ピアノも弾いてたし(食事前にベートーベンを奏でていた)、剣道も上手なんだよ~」と言っていた。ホント、スーパーマンのような人ですな。


ランキング

こんなのに参加しています。よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。