スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月1日(火) 街はにぎわって

にぎやかな往来 ユニクロ

12月になってすっかり街はノエル仕様(?)になっている。毎年一緒だけど、ギャラリーラファイエットのイリュミネーションも健在だ。
知り合いの人がパリに来たのでオペラ近くで会い、その後少し街を散策。デパートの雑貨を見たり、ユニクロにも入ってみた。オープン初日は600人が並んだ店も、今は行列もなくすんなり入れるけれど、店内はお祭りのように賑わっていた。日本に比べたら多少割高。ちょうど日本円からマル2つ取った数がユーロで表示されている。しかしフランスにはこういう値段で良質のものを買えるブティックが少ないためか、新鮮なのだろうな~。ちょうど無印良品がすんなり受け入れられたみたいに、ユニクロの商品はあの無個性さが売りなのだから。
でも、街行く人がみな同じようなお手軽なユニクロを着て歩いてるパリなんて、ちょっとカナシイかも!


ランキング
こんなのに参加しています。よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

ユニクロ

ユニクロの盛況ぶり、テレビで見ましたが、フランス製と聞いただけで有りがたがった私らの若い頃を思うと、日本製の衣服にパリっ子が飛びつくなんて、とても考えられません。

FUSA様

極端に言うと、フランスには高級でお値段もそれ相応のものか、超安くて一回洗濯したら穴があくようなものしかないのです。
なので、日本で普通に手に入る、適正価格の綿のシャツとか、良質なカシミヤで手頃な値段のニットとか、そういうのが逆に狙い目だったんだと思います。しかしデザイン的にはあんまりお洒落じゃないですよね。定番っていうか、アンダーウエアー的な服ばっかりですものね。
私も正直、フランス人の飛びつき方にはビックリしましたけど。今ではオペラ界隈を歩くとみんなユニクロの買い物袋下げてますよ☆
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。