スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年11月13日(金) フシギ体験 ヴェズレー1

知人の紹介でお客様の女性2名を連れて田舎へ。
行き先は、パリから約240kmほど南のヌヴェール。ここは先週末に予行練習してきた所。ベルナデッタというルルドでマリア様のヴィジョンを18回も見たという少女が、後に修道女になった修道院がある。それから90kmほど北東のヴェズレーへ行き、そこで1泊するお客様を降ろしてひとりで帰ってくることになっていた。ヴェズレーもやはり巡礼の道(確か出発地点)で、サン マドレーヌ寺院という教会にはマグダラのマリア様の聖遺骨が納められている聖地のひとつだ。

パリを9時に出て、最初にワインの試飲をしたいというので、ネットで見つけて予約していたシャトーに寄った。サンセールの近くの小さな村で、ピュイ フュメという白ワインの産地だった。
そこで3種類の白ワインを試飲して何本かを買い、近くの村のビストロで美味しい昼食を取ってからヌヴェールに向かった。
ヌヴェールは15時すぎ着。ベルナデッタの修道院には私は入らず、ご案内だけして車の中で待っていた。その後、次の日の列車のチケットを購入するために、ヌヴェールの駅に寄り、ヴェズレー近くの駅からパリまでのチケットを買ってからヴェズレーに向かった。

何だかんだで出発は17時を回っていた。あたりはもううす暗く、どんどん真っ暗になってきた。田舎道なので電灯もない。対向車もほとんどない。頼るは使い慣れていないナビ1つ。
それが、「右に曲がってください」と言うので、曲がったら運のつき。森の中の一本道に入り、村一つない田舎のわけの分からない場所に入り込んでしまった。行けども行けども真っ暗な道。思わず無言になる私達…。
必死のぱっちで運転をしていたらやっと、明かりが見え、元の通りに出た。なんなのだ~このナビは。その後も3回も4回も「右に曲がってください」という間違った案内を繰り返していたが、その声は無視し、道路の立て札だけを頼りにヴェズレーに向かった。
やっとの思いで宿に到着したのは19時。そのときお客さんのYさんが、「今日は帰っちゃダメ。あなたの後ろのおじさんもそう言っている」と言うので何のことかと思ったら、Yさんは、どうやら霊能力があって色々感じる人らしいのだ。後ろのおじさんというのは私の守護霊のことだった。きょわい!
彼女は職業が整体師で、私のガチガチの肩や首に触って、「これじゃ運転してはダメ。ちょっとマッサージしてあげるから」といって、夕食までの間、急遽部屋で施術を受けることになった。
私も結構マッサージは受けているが、Yさんのそれは今までのものと全く違っていた。指圧でもないし、ただのマッサージではない。ものすごくうまいし効く~~~っ!この人、しかも只者ではなかった。

マッサージをしながら、「今使っているブルーの角ばった容器に入っている化粧品はあなたに合っていない」とか、「丸くてクリーム色の石鹸も合っていない」とか、的確に今使用しているモノたちを当て、私の体に残っているそれらの残骸を感じると言うのだ。右の脳にバファリンもたまっていると言われた。私が怖がって「どうして分かるんですか~?」と言うと「プロですから」とのお返事。しょえ~☆
ブルーの角ばった容器ってまさしく私が今夏、日本で買ってきた化粧品で最近使い始めたものだったし、洗顔石鹸は丸くてクリーム色!ついでにDHCのクレンジングオイルも指摘された。それらは、他の人にはともかく私に合っていないんだそう。喜んで使っていた(まとめ買いもしていたし)私は大ショック!(しかもなんで初対面の人に何でも言い当てられるの~っ!)
彼女がしきりに、「今夜運転しない方がいい。おじさんも引き止めてるし」って言うのでコワいのと疲れていたので私もついに承諾してしまった。
宿の人に聞くと、巡礼者用のひとり部屋の空きもあったが、Yさんたちが「同じ部屋でいいよ」というので、他の4人部屋に変えてもらうことにして、私達は同室で一緒に泊まることになったのだった。

夕食後、またYさんの施術を受けた。なんかすごい成り行きなのであった。それにしても私は妙に目が冴えてしまって(興奮のせいか)、夜はほとんど眠れなかった。 



ランキング
こんなのに参加しています。よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。