スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年8月3日(月) 大谷にて

大谷の採石場跡 大谷石の歴史 石の舞台

11月に姉がフラメンコのショウをするという大谷(おおや)町に出かけた。大谷は宇都宮市の中心から10kmほど離れており、大谷石で有名。(よく家の塀や倉などに使われる石。旧帝国ホテルでも使用されていた)
コンサートをするのはもう採石をやめてしまった石屋の採石場跡だ。普段は見学もできる。

地下深く階段を下りていくと、地上とは気温差があるからだろうか、あたりは霧におおわれており下がっていくにつれ身震いがするほどに寒くなってきた。露のせいか床は濡れている。
夏場は気温差が激しいためにこのようになるのだが、5月と11月には外との気温差が一番少なくなるため、この地下奥深い採石場でコンサートが催されるらしい。

採石場の奥深く、舞台になった一角があった。ここでフラメンコ。この幻想的な他に見られない空間に哀愁を帯びた歌声やギターが響くのか~と思ったらゾクゾクしてきた。(踊りももちろんですが!)11月にここにいられないのが残念!と思った。

地上に戻ってきたら、カーッとまた太陽が迎えてくれた。暑い!
私たちはそこから車ですぐ側の平和観音を見た。これは第二次世界大戦の戦没者を祀って作られたというので比較的新しい。近くの店には大谷石で出来たカエルが沢山並んでいた。

大谷の平和観音


ランキング
こんなのに参加しています。よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。