スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月8日(水) 育ての極意とは?

「プロフェッショナル仕事の流儀」のスペシャル番組「プロに学べ!脳活用法SP これが育ての極意だ!」を興味深く観た。

茂木健一郎さんによると、育ての極意とは、①あえて教えない ②(自発性を)ひたすら待つ ただし観察しながら ③自発性の芽が出たらすばやくアクション(対応する) とのこと。
自発性というのは、「やる気」のことだと思うが、無気力な子供の自発性をひたすら待つというのは、簡単なようですごく決意のいることだ。つい口うるさくなってしまい、手助けしてしまう。でもそれは本人のためになっていない。自分で解決した時の達成感をもう一度味わうために、人はまた自ら考えるのだという。
また、その自発性の回路を育むためにはどんな方法でもいいらしい。例えば、ピアノを自発的にすることを覚えた子は、他の分野でも自発的にすることが出来るようになる、というように。つまり、やりたいことを徹底的にやらせるというのが、子育ての正しい姿だというのだ。
なんか、目からウロコが落ちた気がした。確かに子供を見ていても、好きなことは続ける、やめない、そして自信を持っている。
それと子供の欠点を受け入れ、やりたいことをしている子供の応援団に徹し、困った時こそ手を差し伸べ、安全地帯になってやるのが大切…などなど、ありがたいアドヴァイスを聞いた気がする。

また、自分を成長させる方法として、最も効果的なのは「後悔すること」だと言っていた。
これは自分の過ちを単に悔やみ、くよくよするということではなく、過去の失敗を反省し、どうしたらよかったかとシュミレーションして次回に備えることが、一番効果的に自分を育て、成長させるからだという。なるほど~。つまり、失敗を受け入れた上ですごく前向きに生きるってことなんだな~と思った。

子供はその自発性を待ち、自分は後悔を~と、これからはその路線で行こうと思います。(単純!)



ランキング
こんなのに参加しています。よろしかったら一押しを!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
プロフィール

ikuko

Author:ikuko
栃木県宇都宮市出身。1993年2月よりフランス在住。現在パリ郊外に住んでいます。

フリーエリア
RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。